お布団のような優しさに包まれる「布団系女子」 ほのぼの同棲漫画が羨ましすぎる

凄まじい包容力。

» 2018年10月09日 07時30分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 柔らかい優しさで包み込んで疲れを癒してくれる「布団系女子」の漫画がTwitterで急速に人気を集めています。


漫画1ページ目 「布団系女子」


 仕事から帰宅したスーツ姿の男性。終電続きの疲れた表情でドアを開けると、奥からは寝巻き姿の可愛らしい彼女が出てきました。連日帰りが遅くなる彼氏を、寝ずに待ってあげていたようです。

 「今日も待っててくれたの? 無理しないで先に寝てていいんだよ」と声をかけると、彼女はにっこりと笑って「好きな人におかえりって言われたら疲れもどっかいくでしょ? だから私も言いたいの!」女神だ、女神がいる……! その笑顔とセリフの破壊力に、彼氏は思わず全力でハグします。


漫画1ページ目 思わず花も飛ぶ

 そして、月曜日の朝。彼女が起こしますが、彼氏は「あと5分…」「仕事行きたくない…」と起きる気配なし。ところが「今起きたらもっと好きになるのになぁ〜っ」「お仕事行く人にはご褒美に胸枕しちゃうんだけどな〜っ」という発言が飛び出した途端、即起床! 体を起こした彼氏には、きちんと胸枕と頭なでなでのご褒美が贈られました。なんだこの幸せな世界。


漫画2ページ目 これで起きない男はいない(多分)。

 場面は変わって彼氏の職場。「先輩っていつも手作りの弁当ですよね」と話しかけてきたのは、後輩でしょうか。「彼女が作ってくれてる」と返すと、「どんな感じの人なんですか?」と興味津々に質問。聞かれた彼氏の返答は「んー…布団?」……確かに、これまでのエピソードを見ていると納得だ……!


漫画3ページ目 なるほど、確かに布団のようだ……

 すると、彼氏はお弁当に手紙が添えられていることに気付きます。そこに書かれていたのは「今日のお弁当は胃に優しくてスタミナのつくものにしたよ」「今日も帰り待ってます」など、愛情たっぷりのメッセージ。それを読んだ瞬間、ここが会社であることも忘れて「もう俺 絶対この子と結婚する…っ」と涙してしまいました。


漫画4ページ目 最高の彼女じゃないっすか!

 思わず手を合わせたくなるような漫画に、リプライ欄は「尊い」「こんな彼女いたら速攻結婚したくなる」などと大絶賛。男女問わず、布団系女子に癒されたい方が続出しているようです。中には「こんな女子に生まれ代わりたい」という声も。

 同作を手掛けたのは、漫画家・イラストレーターの埜生(@nanashi_lie)さん。埜生さんはこのほかにもイラストや短編をTwitterで発表しているほか、書籍『君の世界からわたしが消えても。』(スターツ出版)、『message』(KADOKAWA)なども発売中です。


画像提供:埜生(@nanashi_lie)さん


ひーこ/プレスラボ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」