ニュース
» 2018年10月09日 22時48分 公開

「年齢+生まれた年=2018になるのは1000年に1度だけ」 頭がおかしくなりそうな数式が海外で拡散される

えっいや、うん? んんん?

[コンタケ,ねとらぼ]

 海外のSNSで、「年齢+生まれた年(西暦)=2018」という数式が拡散されています。なんとこの現象は、1000年に1度しか起きないとのこと。これはすごい、奇跡の数式だ! 今すぐ他の人にも教えてあげなくちゃ! と思った方が多かったようなのですが、OK、ちょっと落ち着こうか。気付いている方も多いと思いますが、これはフェイクです。


誕生日 フェイク 1000年に1度 2018 年齢 西暦 生まれた年 海外で拡散された画像の再現(編集部作)


誕生日 フェイク 1000年に1度 2018 年齢 西暦 生まれた年 日本語にするとだいたいこんな感じ

 単純な話、「今年の西暦−生まれた年=自分の年齢」になるわけで、年齢に生まれた年を足せば今の西暦になるのは当然のこと。1000年に1度どころか、常時この状態です。しかも、まだ誕生日が来ていない人は、年齢に生まれた年を足しても2017にしかなりません。

 しかしこの極めて単純なフェイク、深く考えずに「へーそうなのかー」と共有してしまった人もいたようで、海外のデマ検証サイト「Snopes」でも取り上げられました。同サイトからは、実際に拡散していた人のツイート(のWeb Archive)も見られます。このネタは2017年にも一度広まっており、2年連続で拡散されてしまったようです。

 最初に見た時点でフェイクだと気付く人が多い単純な内容だけに、拡散されているのを見ると自分の頭がおかしくなったのかと思考が虚無の世界へ行ってしまうかもしれません。大丈夫、おかしいのは拡散されている情報の方ですよ。

 SNSで情報を拡散する際は、おかしなところはないか一度冷静に確認するようにしたいものですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた