ニュース
» 2018年10月10日 08時00分 公開

VRが手狭な部屋でも “座ったままVR空間を歩ける靴”が約1日でクラウドファンディング成功

PC用VRシステムと回転椅子が別途必要です。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ViveやOculusなどのPC用VRシステムを、座ったままで体験できるよう補助する靴形デバイス「Cybershoes」がクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。入手に必要な支援額は188ドル(約2万1000円)から。回転椅子と組み合わせて使うことで、限られたスペースでもVR空間を存分に動き回れます。


前進 イスに座って足をこぐと、キャラクターが前進する

方向転換 イスを回転させれば方向転換もできる。これがいかにすばらしいかというと……

これまでの場合 これまでのように、VR空間での移動を現実世界の壁にはばまれずに済むのです

 靴の上にかぶせるよう装着する、サンダルのようなデバイス。ユーザーが床を蹴るように足をこぐと、底面に仕込まれたローラーがカウントしてキャラクターの動きへ反映させます。360度回転できる椅子に座って使用すれば、現実空間で歩くことなく、VR空間で前進や方向転換できるわけです。ケーブルがからまないように工夫する必要はありそうなものの、日本の住宅事情に優しい。


装着 靴の上にストラップで留めて使います。フリーサイズで幅広い靴に対応

ローラー 底のローラーでユーザーの動きをカウント

実践 ヘッドセットとCybershoes、それぞれがユーザーの動きを認識するので、周囲を見回しながら前進するといったことができます

 対応プラットフォームはSteamで、将来的にはOculus VRにも対応する予定。ヘッドセットはViveとOculus Rift、Microsoft Mixed Reality、Pimaxに対応しています。

 クラウドファンディングでは開始から1日程度で、目標額の5倍以上にも及ぶ18万7000ドル(約2100万円)以上もの資金を調達。資金が30万ドルを超えた場合は、「地面から物を拾う」「ジャンプする」といった動作も認識できるよう機能を拡張するとのことです。


かがむ

ジャンプ 達成額次第で、しゃがんだりジャンプしたりできるように。楽しそうっ


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」