ニュース
» 2018年10月11日 08時00分 公開

駆逐してやる!(ムダ毛を) 『進撃の巨人』の超硬質ブレードが毛抜きに

進撃の巨人ファンにはたまらないです。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 『進撃の巨人』に登場する超硬質ブレードを模した「超硬質ブレード毛抜き」が、ヴィレッジヴァンガードオンラインで予約受付中です。予約スケジュールは、10月21日までで、発送開始は12月下旬が予定されています。


進撃の巨人 「超硬質ブレード毛抜き」

進撃の巨人進撃の巨人 精密な作りになってます

進撃の巨人進撃の巨人 エレン、ミカサ、アルミン、リヴァイverは予約限定販売です

 通常モデルは、表面は梨地でカラーはシルバー。価格は3600円(税別)。予約限定モデルもあり、こちらは4種類。陽極酸化による着色と鏡面仕上げを行っており、価格は1万円(税別)。4種類それぞれに各キャラクターをイメージしたカラーリングが施されており、エレンモデルはパープルレッド、ミカサモデルはブルー、アルミンモデルはイエロー、リヴァイモデルはライトグリーンとなっています。


進撃の巨人 通常版

進撃の巨人 エレンモデル パープルレッド

進撃の巨人 ミカサモデル ブルー

進撃の巨人 アルミンモデル イエロー

進撃の巨人 リヴァイモデル ライトグリーン

 「超硬質ブレード毛抜き」は、ワイヤー放電加工により切り出されているため先端の合わせ精度が非常に高く、短い毛でも確実につかむ事が可能。そして、チタン製にする事で強く、軽く、錆びず、金属アレルギーの心配もない品質になっています。

 『進撃の巨人』において、対巨人部隊として活躍する調査兵団。彼らは超硬質ブレードで巨人に斬りつけますが、過酷な使用状況であるがゆえに、たびたび破損しています。

 しかし、この「超硬質ブレード毛抜き」は、高技術な加工とチタン製の材質とあって、どんなに毛を抜いても破損の心配無用。対ムダ毛兵器として、大いに活躍してくれそうです。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ