ニュース
» 2018年10月12日 07時30分 公開

「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力」と身もだえする人続出 両思いを知らずにドキドキする2人にヤキモキな漫画

これがキラッキラな青春ってやつか!

[林美由紀,ねとらぼ]

 「恋」は人を盲目にも疑心暗鬼にもするし、期待も不安も幸せも不幸せも一気に連れてくる……なかなか厄介でもあり素晴らしいものでもあります。片思いのときにはあれこれ想像したり、勘違いしたりしながら、一喜一憂するもので、そんな高校生男女のヤキモキなやり取りを描いた漫画に大人もヤキモキしてしまう訳です。

 『魔法少女なんてもういいですから。』で知られる漫画家の双見(日本)(@sui_hutami)さんがTwitterで公開した漫画は、朝早く、登校途中の女子高生(早川さん)と男子高生(笹木君)が会うシーンから始まります。

 登校中によく会うという2人。笹木君はテニス部の朝練で毎日早いのですが、彼は文学部の早川さんが朝早く登校している理由が気になります。「部活なの?」と聞いてみると、「……早起きだから」という答え。どうやら早川さんのことが好きらしい笹木君は、心の中で「朝練出ててよかった」「早川さん可愛い」「天使かよ」と朝から早川さんに会えることを心底喜んでいます。


早起きな2人01 天使な早川さんに会えて、朝から有頂天の笹木君

 一方早川さんは、「早起き」という答えを「絶対間違えた!」と後悔。「笹木君に会うためにこの時間に出てるのバレバレじゃん!」と頬を赤らめます。なんだ、2人とも、ああで、こうで、そういうことか!

 ふと、早川さんは笹木君が指をけがしていることに気がつきます。絆創膏を持っていると、カバンの中を探します。すると出てきたのは笹木君のフルネームが書かれている絆創膏。それは友達から「好きな人の名前を書いた消耗品を持ち歩くと効果がある」という話を聞いて、半信半疑ながら持っていたものでした。


早起きな2人02 平静を装うもあたふたしてしまう早川さん

 絆創膏のおまじないを見られたくない早川さん、自分が貼ると申し出ます。絆創膏くらい自分で貼れると笹木君は言うのですが、「失敗するとあれだから!」と早川さんは顔を赤くして強く主張。ううっ、甘酸っぱいぞ。


早起きな2人03 おまじないを気づかれずにやりすごすことができるのか

 おまじないに気付かれずに、絆創膏を貼ることに成功した早川さん。「ば ばれなかったよね!?」と動揺しつつも、どさくさに紛れて笹木君に触れたことを喜ぶのでした。そして笹木君はというと、早川さんに優しくされたことに「期待していいの?」と大興奮状態。その場は何もなかったように歩き出す2人ですが、さてこの後は……。


早起きな2人04 片思いのタイミングで相手に触れるなんて爆死必至

 両想いなのに、それに気がついていない2人の心の声をのぞいてしまうと、甘酸っぱさに押しつぶされそうになります。キラッキラな青春。あまりにもまぶしすぎて直視できない! 漫画を読んだ読者からも「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力ですか?」とキュン死寸前の人が続出しています。


早起きな2人05 甘酸っぱさのクライマックス!

画像提供:双見(日本)(@sui_hutami)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」