「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力」と身もだえする人続出 両思いを知らずにドキドキする2人にヤキモキな漫画

これがキラッキラな青春ってやつか!

» 2018年10月12日 07時30分 公開
[林美由紀ねとらぼ]

 「恋」は人を盲目にも疑心暗鬼にもするし、期待も不安も幸せも不幸せも一気に連れてくる……なかなか厄介でもあり素晴らしいものでもあります。片思いのときにはあれこれ想像したり、勘違いしたりしながら、一喜一憂するもので、そんな高校生男女のヤキモキなやり取りを描いた漫画に大人もヤキモキしてしまう訳です。

 『魔法少女なんてもういいですから。』で知られる漫画家の双見(日本)(@sui_hutami)さんがTwitterで公開した漫画は、朝早く、登校途中の女子高生(早川さん)と男子高生(笹木君)が会うシーンから始まります。

 登校中によく会うという2人。笹木君はテニス部の朝練で毎日早いのですが、彼は文学部の早川さんが朝早く登校している理由が気になります。「部活なの?」と聞いてみると、「……早起きだから」という答え。どうやら早川さんのことが好きらしい笹木君は、心の中で「朝練出ててよかった」「早川さん可愛い」「天使かよ」と朝から早川さんに会えることを心底喜んでいます。


早起きな2人01 天使な早川さんに会えて、朝から有頂天の笹木君

 一方早川さんは、「早起き」という答えを「絶対間違えた!」と後悔。「笹木君に会うためにこの時間に出てるのバレバレじゃん!」と頬を赤らめます。なんだ、2人とも、ああで、こうで、そういうことか!

 ふと、早川さんは笹木君が指をけがしていることに気がつきます。絆創膏を持っていると、カバンの中を探します。すると出てきたのは笹木君のフルネームが書かれている絆創膏。それは友達から「好きな人の名前を書いた消耗品を持ち歩くと効果がある」という話を聞いて、半信半疑ながら持っていたものでした。


早起きな2人02 平静を装うもあたふたしてしまう早川さん

 絆創膏のおまじないを見られたくない早川さん、自分が貼ると申し出ます。絆創膏くらい自分で貼れると笹木君は言うのですが、「失敗するとあれだから!」と早川さんは顔を赤くして強く主張。ううっ、甘酸っぱいぞ。


早起きな2人03 おまじないを気づかれずにやりすごすことができるのか

 おまじないに気付かれずに、絆創膏を貼ることに成功した早川さん。「ば ばれなかったよね!?」と動揺しつつも、どさくさに紛れて笹木君に触れたことを喜ぶのでした。そして笹木君はというと、早川さんに優しくされたことに「期待していいの?」と大興奮状態。その場は何もなかったように歩き出す2人ですが、さてこの後は……。


早起きな2人04 片思いのタイミングで相手に触れるなんて爆死必至

 両想いなのに、それに気がついていない2人の心の声をのぞいてしまうと、甘酸っぱさに押しつぶされそうになります。キラッキラな青春。あまりにもまぶしすぎて直視できない! 漫画を読んだ読者からも「こんな青春送ってみたかった」「甘酸っぱい暴力ですか?」とキュン死寸前の人が続出しています。


早起きな2人05 甘酸っぱさのクライマックス!

画像提供:双見(日本)(@sui_hutami)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」