誰かに恋ができないって変なことなんでしょうか アニメ「やがて君になる」スタート!(1/3 ページ)

デレデレ先輩と冷静後輩の、厄介なラブストーリー。

» 2018年10月12日 23時00分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

やがて君になる (C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

 人を好きになるって、なんだかとっても難しい。「やがて君になる」(原作アニメは、思春期に体験する「止められない恋」と「恋がわからない」気持ちを繊細に描いた作品。しっかり者なのに好きな人に甘えてしまう先輩と、人を好きになれない後輩の、ちょっぴり厄介なガールズラブストーリー。


画像


「やがて君になる」とは

 主人公は高校一年生の小糸侑(こいと ゆう)と、二年生の七海燈子(ななみ とうこ)。2人の関係性がメインになっている作品ですが、どういう関係なのかは表紙を見ていただきたい。


画像 手前が燈子、後ろが侑です

 まず、2巻の表紙です。しっかりものの超優等生な先輩である燈子が、さほど目立たない感じの後輩の侑を引っ張って、リードしている……かのように見える。けれども侑の顔は、すごくうれしいとか照れくさい、というわけではなさそう。一方で燈子は、はしゃいでいるかのよう。


画像 2人の表情の差をよく見てほしい

 3巻で、デレデレに甘えているのは先輩の方だということが、さらにわかりやすくなります。後輩の侑は「先輩に肩は貸しているし、いやではないけれども、別に何かあるわけでもない」といった状況。

 見ての通り、傘は1つ、つまり相合い傘でした。それが幸せで仕方ない先輩と、俯瞰して「楽しいと思う」と理解している後輩。

 この作品はそう簡単に「ラブラブです」とはなりません。燈子が自分のことを大好きだと知っていても、自分には特別な感情がわからず、落ち着いて気持ちを分析する侑。自分のことを好きにならない侑のことを好きになってしまう、甘えん坊な燈子。妙な形で、かみ合っている。

 全体的に侑の視点が多め。なので、恋でメロメロになっている燈子先輩のギャップが、冷静に描かれています。年上なのに自分にだけ甘えてくる燈子先輩は、作中でむちゃくちゃかわいい。ただそこで感じる気持ちが「恋」かといわれると、すごく微妙。

 侑は押しには弱いけど、雰囲気には流されない。彼女が、自分の感情を一つ一つ確認していける子として描かれているのが、この作品の絶妙なところです。

 アニメ1・2話にあたるパートを、原作から振り返ってみます。


恋に興味はあるけれど


画像 年頃の女の子ではある(1巻P3)

 高校に入ったばかりの侑。男子に告白されるくらいにはかわいい子。彼女も恋愛には憧れます。少女漫画も読みます。ラブソングも聞きます。キラキラした気持ちになったりフワフワした感情があふれたりすることに、期待もします。

 けれども侑は“特別”という気持ちがどうにも芽生えなかった。だから告白してきた男子には、悩んだ末にお断りしました。

 「大丈夫 わたしはきっと ほかの人より羽根の生えるのが遅いだけで きっと今に もうすぐ……」

 まわりは恋愛話で浮足立ち始める時期です。人を特別に想う気持ちがわからないのは、彼女にとって大きなコンプレックスでした。

 その時たまたま出会ったのが、先輩の燈子。


画像 自分だけじゃなかった、やったね侑! (1巻P20)

 「今まで好きっていわれて どきどきしたことないもの」という燈子の言葉を聞いてハッとなる侑。「みんな恋愛の話大好きだもんなぁ 自分がおかしいような気にもなるよね」と話しかけてくる燈子先輩。「先輩も……?」と聞いてしまう侑。心強い味方の登場です。そうそう、恋は無理しなくていい。


どうしちゃったの燈子先輩

 ……なんて思っていたところで、まさかのどんでん返し。燈子が後日唐突に告白してきます。


画像 何言ってるのこの人……(1巻P46)

 「だって私君のこと好きになりそう」。ちょっと何言っているのかわからないですね……。先日「どきどきしたことない」と言っていた、仲間だと思っていた人が、あっという間の手のひら返し。侑の「この人」呼ばわりがだいぶ面白い。

 もっとも、恋は唐突にやってくるもの。彼女の心境がどう変化したのか、今の侑にはわからないとしても、別に「自分と同じ」なわけじゃない。

 ここからの燈子の浮かれっぷりがすごい。周囲の人から見てもわかるレベル。生徒会の選挙の際に、侑に推薦責任者を任せるくらい。一応理由を言ってはいるけど、まあそれはおまけでしょうとも。

 燈子は無理強いしてくるタイプというよりは、考えるより先に口走ってしまう性分のよう。だからこんなことまでしてしまう。


画像 何やってるのこの人……(1巻P76−77)

 通学中、ほかの人があまり見ていなかったからとはいえ、気持ちを伝えるために唐突にキス。先輩、少し落ち着け。なお燈子先輩もこうなるとは思っていなかったようで、キスのあとに発した言葉が「……どうしよう」

 燈子先輩の歯止めの効かない暴走が楽しいのですが、彼女が恋に落ちたのには理由があるのを、後に侑は察し始めます。侑自身もここまで迫られて、嫌がるでもなく、惹かれるでもなく。

 ここからは侑の客観的視線で、2人の関係はちょっとずつ理解が進んでいきます。なかなかに複雑な関係ですが、まずはデレデレな燈子先輩の様子を楽しみましょう。


試し読み:第1話「わたしは星に届かない」


やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」