連載
» 2018年10月12日 23時00分 公開

誰かに恋ができないって変なことなんでしょうか アニメ「やがて君になる」スタート!(1/3 ページ)

デレデレ先輩と冷静後輩の、厄介なラブストーリー。

[たまごまご,ねとらぼ]

やがて君になる (C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

 人を好きになるって、なんだかとっても難しい。「やがて君になる」(原作アニメは、思春期に体験する「止められない恋」と「恋がわからない」気持ちを繊細に描いた作品。しっかり者なのに好きな人に甘えてしまう先輩と、人を好きになれない後輩の、ちょっぴり厄介なガールズラブストーリー。


画像


「やがて君になる」とは

 主人公は高校一年生の小糸侑(こいと ゆう)と、二年生の七海燈子(ななみ とうこ)。2人の関係性がメインになっている作品ですが、どういう関係なのかは表紙を見ていただきたい。


画像 手前が燈子、後ろが侑です

 まず、2巻の表紙です。しっかりものの超優等生な先輩である燈子が、さほど目立たない感じの後輩の侑を引っ張って、リードしている……かのように見える。けれども侑の顔は、すごくうれしいとか照れくさい、というわけではなさそう。一方で燈子は、はしゃいでいるかのよう。


画像 2人の表情の差をよく見てほしい

 3巻で、デレデレに甘えているのは先輩の方だということが、さらにわかりやすくなります。後輩の侑は「先輩に肩は貸しているし、いやではないけれども、別に何かあるわけでもない」といった状況。

 見ての通り、傘は1つ、つまり相合い傘でした。それが幸せで仕方ない先輩と、俯瞰して「楽しいと思う」と理解している後輩。

 この作品はそう簡単に「ラブラブです」とはなりません。燈子が自分のことを大好きだと知っていても、自分には特別な感情がわからず、落ち着いて気持ちを分析する侑。自分のことを好きにならない侑のことを好きになってしまう、甘えん坊な燈子。妙な形で、かみ合っている。

 全体的に侑の視点が多め。なので、恋でメロメロになっている燈子先輩のギャップが、冷静に描かれています。年上なのに自分にだけ甘えてくる燈子先輩は、作中でむちゃくちゃかわいい。ただそこで感じる気持ちが「恋」かといわれると、すごく微妙。

 侑は押しには弱いけど、雰囲気には流されない。彼女が、自分の感情を一つ一つ確認していける子として描かれているのが、この作品の絶妙なところです。

 アニメ1・2話にあたるパートを、原作から振り返ってみます。


恋に興味はあるけれど


画像 年頃の女の子ではある(1巻P3)

 高校に入ったばかりの侑。男子に告白されるくらいにはかわいい子。彼女も恋愛には憧れます。少女漫画も読みます。ラブソングも聞きます。キラキラした気持ちになったりフワフワした感情があふれたりすることに、期待もします。

 けれども侑は“特別”という気持ちがどうにも芽生えなかった。だから告白してきた男子には、悩んだ末にお断りしました。

 「大丈夫 わたしはきっと ほかの人より羽根の生えるのが遅いだけで きっと今に もうすぐ……」

 まわりは恋愛話で浮足立ち始める時期です。人を特別に想う気持ちがわからないのは、彼女にとって大きなコンプレックスでした。

 その時たまたま出会ったのが、先輩の燈子。


画像 自分だけじゃなかった、やったね侑! (1巻P20)

 「今まで好きっていわれて どきどきしたことないもの」という燈子の言葉を聞いてハッとなる侑。「みんな恋愛の話大好きだもんなぁ 自分がおかしいような気にもなるよね」と話しかけてくる燈子先輩。「先輩も……?」と聞いてしまう侑。心強い味方の登場です。そうそう、恋は無理しなくていい。


どうしちゃったの燈子先輩

 ……なんて思っていたところで、まさかのどんでん返し。燈子が後日唐突に告白してきます。


画像 何言ってるのこの人……(1巻P46)

 「だって私君のこと好きになりそう」。ちょっと何言っているのかわからないですね……。先日「どきどきしたことない」と言っていた、仲間だと思っていた人が、あっという間の手のひら返し。侑の「この人」呼ばわりがだいぶ面白い。

 もっとも、恋は唐突にやってくるもの。彼女の心境がどう変化したのか、今の侑にはわからないとしても、別に「自分と同じ」なわけじゃない。

 ここからの燈子の浮かれっぷりがすごい。周囲の人から見てもわかるレベル。生徒会の選挙の際に、侑に推薦責任者を任せるくらい。一応理由を言ってはいるけど、まあそれはおまけでしょうとも。

 燈子は無理強いしてくるタイプというよりは、考えるより先に口走ってしまう性分のよう。だからこんなことまでしてしまう。


画像 何やってるのこの人……(1巻P76−77)

 通学中、ほかの人があまり見ていなかったからとはいえ、気持ちを伝えるために唐突にキス。先輩、少し落ち着け。なお燈子先輩もこうなるとは思っていなかったようで、キスのあとに発した言葉が「……どうしよう」

 燈子先輩の歯止めの効かない暴走が楽しいのですが、彼女が恋に落ちたのには理由があるのを、後に侑は察し始めます。侑自身もここまで迫られて、嫌がるでもなく、惹かれるでもなく。

 ここからは侑の客観的視線で、2人の関係はちょっとずつ理解が進んでいきます。なかなかに複雑な関係ですが、まずはデレデレな燈子先輩の様子を楽しみましょう。


試し読み:第1話「わたしは星に届かない」


やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる

やがて君になる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」