ニュース
» 2018年10月12日 12時00分 公開

マツダ、主力SUV「CX-5」を刷新 豪華内装の上位グレード、新型ガソリンターボ、ディーゼルMT設定を追加(1/2 ページ)

新世代の車両運動制御技術「GVC Plus」も採用。【写真21枚】

[agar,ねとらぼ]

 マツダは10月11日、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-5」のマイナーチェンジ版を発表。2018年11月22日に発売します。価格は257万400円から(税別、以下同)。

CX-5 CX-5(写真:マツダ、以下同)

 CX-5は、同社の最上位SUV「CX-8」とコンパクトSUV「CX-3」の中間に位置する車種です。今回のマイナーチェンジでは、車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」を標準装備。従来のGVCで行っていたハンドルを切った際の制御に加えて、ハンドルを戻す際の制御も追加することで、高速走行中の車線変更や滑りやすい路面での挙動を安定させています。

 パワートレインは、国内向けモデルでは初採用となる2.5リッターの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」が選択できるようになったほか、ディーゼルエンジン車には6速MT仕様も追加。ハイパワーモデルから運転する楽しさを望む層まで、より幅広いニーズに応えるラインアップとしました。

新技術「GVC Plus」安定性を高めた 新たな車両運動制御技術「GVC Plus」を搭載。で安定性を高めた

 ラインアップには、先行してマイナーチェンジを受けたCX-3と同様に最上級グレード「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」を追加しています(関連記事)。Exclusive Modsは、主にインテリアの高級感を高めた上質グレードとして展開。上位車種「CX-8」に採用する高級皮革「ナッパレザー」を用いたシート、木製のデコレーションパネル、白色LEDで統一した室内照明、高輝度ダーク塗装を施した19インチアルミホイールなどを備えます。Exclusive Modsは365万400円から。また、全グレードで、インフォテインメントシステム「マツダコネクト」が新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応。スマートフォンとの連携機能も強化しました。

Exclusive Modsの内装 Exclusive Modsの内装

 このほかに、福祉車両「CX-5 助手席リフトアップシート車」も同時に発売します。今回のマイナーチェンジ版CX-5をベースに、高齢者や身体の不自由な方の乗り降りをサポートするリフトアップ機構付きの助手席を備えます。価格は291万9000円からです。

CX-5 助手席リフトアップシート車 CX-5 助手席リフトアップシート車
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する