ニュース
» 2018年10月12日 12時00分 公開

マツダ、主力SUV「CX-5」を刷新 豪華内装の上位グレード、新型ガソリンターボ、ディーゼルMT設定を追加 (1/2)

新世代の車両運動制御技術「GVC Plus」も採用。【写真21枚】

[agar,ねとらぼ]

 マツダは10月11日、クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「CX-5」のマイナーチェンジ版を発表。2018年11月22日に発売します。価格は257万400円から(税別、以下同)。

CX-5 CX-5(写真:マツダ、以下同)

 CX-5は、同社の最上位SUV「CX-8」とコンパクトSUV「CX-3」の中間に位置する車種です。今回のマイナーチェンジでは、車両運動制御技術「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC Plus)」を標準装備。従来のGVCで行っていたハンドルを切った際の制御に加えて、ハンドルを戻す際の制御も追加することで、高速走行中の車線変更や滑りやすい路面での挙動を安定させています。

 パワートレインは、国内向けモデルでは初採用となる2.5リッターの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」が選択できるようになったほか、ディーゼルエンジン車には6速MT仕様も追加。ハイパワーモデルから運転する楽しさを望む層まで、より幅広いニーズに応えるラインアップとしました。

新技術「GVC Plus」安定性を高めた 新たな車両運動制御技術「GVC Plus」を搭載。で安定性を高めた

 ラインアップには、先行してマイナーチェンジを受けたCX-3と同様に最上級グレード「Exclusive Mods(エクスクルーシブモッズ)」を追加しています(関連記事)。Exclusive Modsは、主にインテリアの高級感を高めた上質グレードとして展開。上位車種「CX-8」に採用する高級皮革「ナッパレザー」を用いたシート、木製のデコレーションパネル、白色LEDで統一した室内照明、高輝度ダーク塗装を施した19インチアルミホイールなどを備えます。Exclusive Modsは365万400円から。また、全グレードで、インフォテインメントシステム「マツダコネクト」が新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応。スマートフォンとの連携機能も強化しました。

Exclusive Modsの内装 Exclusive Modsの内装

 このほかに、福祉車両「CX-5 助手席リフトアップシート車」も同時に発売します。今回のマイナーチェンジ版CX-5をベースに、高齢者や身体の不自由な方の乗り降りをサポートするリフトアップ機構付きの助手席を備えます。価格は291万9000円からです。

CX-5 助手席リフトアップシート車 CX-5 助手席リフトアップシート車
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた