ニュース
» 2018年10月15日 17時20分 公開

グソクさん、ついにゾイド化 ダイオウグソクムシ種の「ZW13 グソック」11月24日発売

ゼンマイでわちゃわちゃ歩行も可能です。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 タカラトミーは「ゾイドワイルド」のリアルムービングキット(組み立て式駆動玩具)シリーズの新商品を発売します。ライオン、ステゴサウルスはともかくダイオウグソクムシって。


ゾイド グソック

 ゾイドは、1983年から続く動物や古代生物を造形モチーフとした玩具シリーズ。その玩具の設定を元に、アニメやゲームでのメディアミックス展開を続けており、現在でもアニメ「ゾイドワイルド」が放映中です。そんなゾイドワールドの新メンバーは3種。いずれも、ニッパーいらずのパーツパック方式で、箱を開けてすぐに組立て開始をできる仕様です。


ゾイド グソックジオラマ

ゾイド 迫力があります

 ライオン種の「覚醒ワイルドライガー」(4000円)を11月10日、ステゴサウルス種の「ステゴゼーゲ」(4500円)とダイオウグソクムシ種の「グソック」(1200円)の2種は11月24日に発売。3種の中で異彩を放っているのがダイオウグソクムシをモチーフにした「ZW13 グソック」。四足獣や恐竜をモチーフとしたゾイドは多いのですが、水棲生物型は希少。ダイオウグソクムシのゾイド化は、長いシリーズを通して初だそうです。


ゾイドゾイド ワイルドブラストエフェクト付き・無し

 ゼンマイを巻くと脚と背中を動かしながら前進開始。「ゾイドワイルド」に登場するゾイドたちは、ワイルドブラストという、いわば強化モードにチェンジすることができますが、この形態変化はユーザーが手動で行います。「ZW13 グソック」の体が丸まり、触覚が左右に伸び、そして、球体になった状態で、背中の連続した突起により転がすことが可能となります


ゾイド 精密な作りです

ゾイド ダイオウグソクムシ好きにもたまりません

 同時期発売の他の2種はライオンと恐竜をモチーフにした王道型なのに対し、ちょっと異質な「ZW13 グソック」。ダイオウグソクムシのユーモラスな形態をゾイドシリーズで楽しむのもいいかもしれません。


ゾイドゾイド ステゴゼーゲ

ゾイドゾイド ステゴゼーゲ ジオラマ画像

ゾイドゾイド ワイルドブラストエフェクト付き・無し

ゾイド ステゴゼーゲボーン

ゾイドゾイド 覚醒ワイルドライガー

ゾイド 覚醒ワイルドライガー ジオラマ

ゾイドゾイド ワイルドブラストエフェクト付き・無し

ゾイド 覚醒ワイルドライガーボーン

※ 価格は税別


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露