ニュース
» 2018年10月16日 17時00分 公開

東方Project公認ゲームアプリ「東方キャノンボール」始動 霊夢や魔理沙が競うボードゲーム

同人誌即売会イベント「博麗神社秋季例大祭」で発表されました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東方Project公認の二次創作ゲームアプリ「東方キャノンボール」が、同人誌即売会イベント「博麗神社秋季例大祭」で発表されました。博麗霊夢や霧雨魔理沙たちが勝負するボードゲームとして、2019年の配信開始を予定しています。



イメージ ティーザービジュアル

イメージ 幻想郷の世界観で、お金を稼いで競うボードゲームに

 開発はアニプレックス傘下のアプリ制作会社、Quatro Aが担当。企画は同シリーズの生みの親であるZUN氏を交えた意見交換を経て、2016年に始動したといいます。

 初期段階では約40キャラクターの登場が予定されており、霊夢は鬼頭明里さん、魔理沙は飯沼南実さんと、一部キャストも発表。音楽のディレクション担当は老舗同人サークルのIOSYSで、ほかにも著名なサークルやクリエイターの協力を仰ぐとのことです。

 イベントでは開発者座談会のレポートや応援イラストを収めた冊子、「『東方キャノンボール』Project発表記念本」が配布。後日再配布の機会が設けられる予定です。


(C)上海アリス幻樂団/Aniplex・Quatro A

東方キャノンボールは東方Projectを原作とした二次創作作品です。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.