ニュース
» 2018年10月19日 10時00分 公開

これすごいかも! 連なってついていく「トラック自動隊列走行」の実証実験、新東名などの本線で実施

11月6日から上信越自動車道、12月4日から10日間新東名高速道路で実施。実験遭遇時にはご注意を。

[agar,ねとらぼ]

 国土交通省と経済産業省は、国内トラックメーカー4社(日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックス)と共同で「トラックの自動隊列走行」に関する実証実験を高速道路の本線で実施します。

上信越自動車道での実験内容 2018年11月6日から22日に行う上信越自動車道での実験内容

 2018年11月6日から22日に上信越自動車道(藤岡〜更埴JCT 上下線)で、12月4日から14日に新東名高速道路(浜松SA〜遠州森町PA上下線)でそれぞれ実施。最大4台の大型トラックが、短い車間距離で隊列を組んで走行します。

4台のトラックによる自動隊列走行を行う トラック自動隊列走行の詳細

 この実験は、複数のトラックが自動で隊列を組んで走る追従システムの効果検証、そして、自動隊列走行を行うことで発生する周囲を走るクルマへの影響を確認するのが目的です。実験では、最大4台の大型トラックが隊列を組んで走行します。

 全長は4台隊列時で約160メートル。一般的に高速道路では前車との車間距離を車速と同じ数値の距離──時速100キロならば100メートルほどを確保せよと教わりますが、それよりかなり短い車間距離になります。先頭の1台は通常通りの運転で、後ろの3台は先頭(前車)のトラックの動きや状況に合わせて車間距離を適切に保つ「協調型車間距離維持支援システム(CACC)」や、車線から外れないように自動操縦する「車線維持支援システム(LKA)」を使い、自動で隊列を組んで走行します。

実験用トラックのイメージ図 実験用トラックのイメージ

 現時点では、隊列を組むトラックすべてに運転手が乗車する「後続車有人システム」での開発が進んでいますが、将来は1人の運転手だけで複数台のトラックを連ねて高速道路を移動する「後続車無人システム」へと発展させる計画。トラック4社は、2021年を目処にまずは後続車有人システムの商用化を目指します。

 物流業界の人手不足が叫ばれる中、無人システムはもちろん、開発中の有人システムもドライバーの負荷を大きく軽減しながら、効率を高められる可能性を秘めています。物流のさらなる安全と効率化に期待です。

新東名高速道路での実験内容 2018年12月4日〜14日 新東名高速道路での実験内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10