ニュース
» 2018年10月19日 22時40分 公開

「Twitterアイコンが丸くトリミングされるのは同一性保持権侵害」 アイコン無断使用を巡る裁判で

これはまた議論を呼びそう……。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 自分が撮影した写真を無断でTwitterアイコンに使われたとして、プロ写真家が投稿者情報の開示を求めていた裁判で、東京地方裁判所は10月16日、「無断使用した画像をTwitterアイコンに設定している場合、ツイートを投稿するたびに画像が丸くトリミングされることになり、これは同一性保持権の侵害にあたる」と判断し、米Twitter社に対し、ツイート投稿者の発信者情報を開示するようにとの仮処分を下しました。


Twitterアイコン トリミング 同一性保持権侵害 アイコンを設定すると、自動的に四隅が丸く切り取られる仕様

 同一性保持権とは、著作者人格権の一種で、著作者の意に反する改変を禁止できる権利のこと。Twitterのアイコンは設定する際、自動的に元画像を丸くトリミングする仕組みですが、これも同一性保持権侵害にあたるというのが今回の判断。さらにアイコン画像をアップロードした時はもちろんのこと、「そのアイコンを設定したままツイート」した場合も新たな侵害が発生するとしています(※)。

※通常のいわゆる“無断転載”では公衆送信権などで争われるのが一般的ですが、今回は仮処分ということもあり、あくまで同一性保持権侵害についてのみ検討された形


Twitterアイコン トリミング 同一性保持権侵害 投稿画面にもアイコンは表示されるため、アイコン画像を無断使用していた場合、ツイートごとに権利侵害が行われると判断

 裁判を担当した齋藤理央弁護士(I2練馬斉藤法律事務所リーガルグラフィック東京)によれば、今回の判断は「アイコン画像の設定時」に対してではなく、「直近のツイート」に対して情報開示を請求できる点で大きいといいます。訴訟を提起したのは2017年8月ですが、もし「アイコン画像の設定時」について争った場合、侵害が行われたのは2年以上前となり、発信者情報の保存期間を過ぎてしまう可能性が高いため。今後は開示された情報に基づき、ツイート投稿者に対し損害賠償などを請求していくとのことでした。

 Twitterにおける画像無断転載を巡っては4月、無断転載画像をリツイートした場合も同一性保持権侵害にあたる(RTで表示される画像は一部が自動的にトリミングされるため)との判断が下され(関連記事)、Twitterユーザーを中心に衝撃が広がっていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響