ニュース
» 2018年10月19日 21時15分 公開

在豪アメリカ大使館、ネコの写真を誤送信して謝罪

ネコちゃんなら仕方ない。

[k村,ねとらぼ]

 オーストラリアのアメリカ大使館が、誤送信したある1通のメールについて謝罪し、世界中で話題となっています。メールの件名は「meeting(会合のお知らせ)」。大使館からのメールという、なんとも重要度が高そうなメールを開いてみると……メールの中身はネコの画像とパジャマパーティーへのご招待だったのです。



 問題のメールの添付写真に映っていたのは、モフモフな青色のカバーオールを着たネコちゃん。チョコチップクッキーが入ったお皿をお腹に乗せ、足元には見慣れたあのキャラクターの顔が見えます。そう、ネコちゃんはクッキーモンスターのパジャマに身を包んでいるのです。気だるげな表情を浮かべ、ソファにだらっと寝ころんでいる姿はまさにパジャマパーティー中にふさわしいお姿だ……! こんなパーティー、絶対に参加したいぞ……!



 報道によると、今回の送信ミスは、米国務省で行われていた新人研修の最中に起きてしまったとのこと。メール本文中に「cat pyjama-jam(ネコのパジャマパーティー)」という記載があったことから、在オーストラリアのアメリカ大使館は「ネコのパジャマパーティーへの出席を希望された方をガッカリさせて申し訳ありませんが、私たちの専門外のためこのようなイベントは実施できかねます」とジョークをきかせた謝罪文を発表しています。



 メールに写真が添付され、一躍有名ネコになったのは、オーストラリア・タスマニア州に住むネコのジョーイ君。報道を受けて、飼い主のジェニファーさんはInstagramアカウントで「ジョーイはパジャマパーティーが開催されないと聞いて動揺しています(笑)」とジョーイ君の写真付きで投稿しました。



 この珍ハプニングには、ニュージーランドとサモアのアメリカ大使、スコット・ブラウン氏も公式Twitterアカウントで反応。在ニュージーランドのアメリカ大使館は、ネコがPCを操作しているGIF画像とともに、「ニュージーランドで大爆笑してます」というコメントをつけて投稿し笑いを誘いました。怒っている人が誰一人いない、優しい世界!






 ジョーイ君とその飼い主であるジェニファーさんは、この騒動で地元のテレビ局にインタビューもされており、インタビュー映像では動いているジョーイ君も見られます。「ネコのパジャマパーティー、本当にあったら絶対に参加したい!」そんな世界中の声が聞こえてくる、珍ハプニングでした。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響