ニュース
» 2018年10月19日 21時15分 公開

在豪アメリカ大使館、ネコの写真を誤送信して謝罪

ネコちゃんなら仕方ない。

[k村,ねとらぼ]

 オーストラリアのアメリカ大使館が、誤送信したある1通のメールについて謝罪し、世界中で話題となっています。メールの件名は「meeting(会合のお知らせ)」。大使館からのメールという、なんとも重要度が高そうなメールを開いてみると……メールの中身はネコの画像とパジャマパーティーへのご招待だったのです。



 問題のメールの添付写真に映っていたのは、モフモフな青色のカバーオールを着たネコちゃん。チョコチップクッキーが入ったお皿をお腹に乗せ、足元には見慣れたあのキャラクターの顔が見えます。そう、ネコちゃんはクッキーモンスターのパジャマに身を包んでいるのです。気だるげな表情を浮かべ、ソファにだらっと寝ころんでいる姿はまさにパジャマパーティー中にふさわしいお姿だ……! こんなパーティー、絶対に参加したいぞ……!



 報道によると、今回の送信ミスは、米国務省で行われていた新人研修の最中に起きてしまったとのこと。メール本文中に「cat pyjama-jam(ネコのパジャマパーティー)」という記載があったことから、在オーストラリアのアメリカ大使館は「ネコのパジャマパーティーへの出席を希望された方をガッカリさせて申し訳ありませんが、私たちの専門外のためこのようなイベントは実施できかねます」とジョークをきかせた謝罪文を発表しています。



 メールに写真が添付され、一躍有名ネコになったのは、オーストラリア・タスマニア州に住むネコのジョーイ君。報道を受けて、飼い主のジェニファーさんはInstagramアカウントで「ジョーイはパジャマパーティーが開催されないと聞いて動揺しています(笑)」とジョーイ君の写真付きで投稿しました。



 この珍ハプニングには、ニュージーランドとサモアのアメリカ大使、スコット・ブラウン氏も公式Twitterアカウントで反応。在ニュージーランドのアメリカ大使館は、ネコがPCを操作しているGIF画像とともに、「ニュージーランドで大爆笑してます」というコメントをつけて投稿し笑いを誘いました。怒っている人が誰一人いない、優しい世界!






 ジョーイ君とその飼い主であるジェニファーさんは、この騒動で地元のテレビ局にインタビューもされており、インタビュー映像では動いているジョーイ君も見られます。「ネコのパジャマパーティー、本当にあったら絶対に参加したい!」そんな世界中の声が聞こえてくる、珍ハプニングでした。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」