ニュース
» 2018年10月22日 12時30分 公開

「それは会話で繋げればいいんだ」 小説で書かれた「それっぽくなる小説講座」が参考にしつつ書きたくなってくる面白さ

ユーモアのあるメタ的ショートショートです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 小説の体裁で書かれた「それっぽくなる小説講座」がTwitterで「参考になる」「面白い」と話題になっています



 「小説の書き方がわからない」という“彼女”の相談に乗る形で、“僕”が一人称で「それっぽい方法」を教える話がショートショートで描かれています。例えば会話の中で「社会人だとか駅だとか、それっぽい言葉を並べておけばそれだけで僕らが現代社会に生きていると読み手に分からせることができるはずだ」と教えたり、地の文が思い付かないときは「会話で繋げればいいんだ」と返したり。


それっぽくなる 小説講座 書き方 一人称 ツイート お話を楽しみつつ説明が聞けます

 また、読者に向けた小説講座なのでメタ的な説明が多いのですが、自然な流れで入ってくるので楽しみながら読むことができます。2人の会話途中にそれっぽい地の文を挟んでから、「(会話が)長く続くときは、今みたいに地の文に台詞を入れるべきだ。こうすれば気持ちにメリハリがつく」という説明に対し彼女が「読み手の?」と聞き、「いや、書き手の」とちょっとしたオチがあったり。アドバイスを教えたら、それを実際に小説の中でやっているので、同時に例も確認できて一石二鳥です。


それっぽくなる 小説講座 書き方 一人称 ツイート 説明と同時に実践されているのがさすがです

それっぽくなる 小説講座 書き方 一人称 ツイート 「文庫ページメーカー」や「新書ページメーカー」などのサイトでページを生成するのもポイント

 投稿したのは、さまざまな創作活動を行っている「おふぃう」(@ofiwtonsou)さん。同小説は「なんとなくトーン貼ったり黒ベタすれば漫画なんてそれっぽい感じで描ける」というツイートに反応して、その小説版のような感じで書かれたもので、風景が書けないという“彼女”の悩みに対しては「そんなもの読み手に委ねればいいんだ」と助言したりと、小説を書くことに対してのハードルを下げてくれるものになっています。

 なお追記として、話の中で「罫線」が出てきますが、これは「ダッシュ(――)」のこと。これらについては、自分の好きな小説でどう使われているかチェックしたりすると、楽しみつつより“それっぽく”書けるようになるかもしれません。


それっぽくなる 小説講座 書き方 一人称 ツイート 一度頭に入れた上で何度か見返してみるのもよさそうです

 コメントでは「おお、すごい」「たしかにそれっぽくなってる」と、説明とともに実践された小説に驚きの声が上がり、「なんか書きたくなってくる」といった声や、「めっちゃわかる」「私が心がけていることが書いてある」などの共感も集める反響を呼んでいます。




画像提供:おふぃう(@ofiwtonsou)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」