ニュース
» 2018年10月23日 07時30分 公開

怖そうなお兄さんの口から「猫ちゃん」のギャップにやられる ヤンキーが通りすがりに豆知識を授ける漫画で猫の手懐け方を学ぶ (1/2)

ヤンキーも猫には弱い。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 見た目が怖いヤンキーが、実はとても優しくてさまざまなワンポイントアドバイスをくれる漫画「通りがかりにワンポイントアドバイスしていくタイプのヤンキー」で、ヤンキーがネコの手懐け方を伝授してくれます。作者はガンガンONLINEで連載の「幻想グルメ」で作画を担当するおつじさん。

おつじ 猫 ワンポイントアドバイス メンチ切りながら「猫ちゃん」っていうタイプ

 最近猫を飼い始めた女の子、藤咲さん。一緒に帰っている友達もビックリするくらいの真っ赤な引っかき傷が腕につくほど、まだまだ懐いてくれないようです。先に降りた友達と別れて電車に残った藤咲さんですが、後ろの人にぶつかってしまいました。後ろを見ると、そこには無表情でヘッドフォンをしたヤンキーが……。しかもバッグにつけていたキーホルダーにヘッドフォンのケーブルがからまってしまいました。しかし焦れば焦るほどなかなかほどけません。怖いヤンキーに何かされる前になんとかしたい!

おつじ 猫 ワンポイントアドバイス 後ろを向くと怖い人が……
おつじ 猫 ワンポイントアドバイス 早くしなきゃ早くしなきゃ!

 不意にヘッドフォンを外したヤンキーは「あげる」と、藤咲さんにあっさり渡します。キーホルダーもケーブルもちぎるのは忍びないし、まだ使えるので使ってほしいと伝えると、困惑する藤咲さんのことはお構いなしで、駅で降りようとします。

おつじ 猫 ワンポイントアドバイス そんな高そうなヘッドホンなのに!?

 最後に「あと、目を合わせてゆっくりまばたき……。これで警戒心減らせるかも……。でも猫ちゃんにも個体差あるから焦らず気長に……。なつくといいね」と、猫の懐かせ方を告げ終わると、電車の扉はプシューと音を立てて閉まってしまいました。

 ヤンキーの見た目からは想像もつかない言動の連続に呆気に取られる藤咲さん。まさか「猫ちゃん」なんてかわいい言い方をするなんて。その後、同じ路線を使っていたこともあり、ヘッドフォンを返しつつ猫が懐いたと報告することができました。

おつじ 猫 ワンポイントアドバイス もう何から驚けば良いのか分からなくなってきた

 pixivではこの他に、ヤンキーの櫻井さんがネコ友達となった藤咲さんのお兄ちゃんに出会って眼精疲労を改善するアドバイスをしたり、フライドポテトのカリカリ感を復活させる方法を教えたり、藤咲さんの猫へのエサのあげ方を教えてあげたりするお話が投稿されています。猫がかわいすぎてヤンキーが悶絶する姿も見られますよ。かわいい……。

おつじ 猫 ワンポイントアドバイス お兄ちゃん編より。ちょっと体があったかくなりました
おつじ 猫 ワンポイントアドバイス 勘違い編より。ポテトのカリカリって復活できるんだ!?
おつじ 猫 ワンポイントアドバイス 吉法丸編より。さすがのヤンキーも猫にはイチコロ

 コメント欄ではヤンキーの桜井さんへの「好き」の声の他、猫飼いさんから「勉強になった」などの声も寄せられています。手懐け方からエサの与え方まで幅広いアドバイスができる桜井さんですが、猫の前ではただの猫好きに成り下がってしまうところもかわいくて、ギャップ萌えに拍車がかかりました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた