ニュース
» 2018年10月24日 22時05分 公開

池袋に新シネコン「グランドシネマサンシャイン」誕生 国内最大級のスクリーンで2019年7月開業

[ねとらぼ]

 佐々木興業と東急不動産は2019年7月に東京・池袋で開業予定のシネマコンプレックスの名称が「グランドシネマサンシャイン」に決定したと発表しました。合わせて、同劇場が入る施設名称が「キュープラザ池袋」に決定したことも明かされています。

池袋に新シネコン「グランドシネマサンシャイン」誕生 国内最大級のスクリーンで2019年7月開業 画面が大きい

 グランドシネマサンシャイン最大の目玉となるのが、高さ18.9・幅25.8mのスクリーンを備えた「IMAXレーザー/GTテクノロジー」シアター。通常のスクリーンに比べて縦長になっているのが特徴で、一部の大作映画で採用されている縦に大きい“1.43:1”の画面表示に対応します。

 これまで同様のスクリーンは国内で「109シネマズ大阪エキスポシティ(縦18m・横26m)」しかありませんでしたが、いよいよ首都圏にいながらIMAX次世代レーザーが堪能できるようになります。

池袋に新シネコン「グランドシネマサンシャイン」誕生 国内最大級のスクリーンで2019年7月開業 1.43:1での上映が可能
池袋に新シネコン「グランドシネマサンシャイン」誕生 国内最大級のスクリーンで2019年7月開業 IMAXレーザーなので解像度も高い

 同劇場はキュープラザ池袋の4階から12階にかけて出店し、12スクリーン・約2500席からなる“都内最大級”のシネコンに。「IMAXレーザー/GTテクノロジー」の他にも、体感型シアターの「4DX」や、日本のシネコンで初めて全スクリーンへのRGBレーザープロジェクターの導入など、最新鋭の上映設備が整う予定です。

 また地下1階から地上3階には個性的な店舗を集積した商業フロアも設置。両社は「池袋東口エリアに更なる『多様性』と『回遊性』を創出するとともに、地域とも連携し、劇場内外での映画祭やイベントなどの取り組みを通してエリアの活性化に寄与して参ります」としています。

池袋に新シネコン「グランドシネマサンシャイン」誕生 国内最大級のスクリーンで2019年7月開業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.