ニュース
» 2018年10月24日 22時30分 公開

男性も“妊活”を TENGAヘルスケアが精子育成サプリを発売

約5人に1人の日本人男性に不妊リスクがあるとして、妊活をサポート。医師監修のもとに、総精子数・精液量の増大効果が実証された成分を配合しています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 TENGAヘルスケアが、精子の育成をサポートする栄養機能食品「精育支援サプリメント」を10月26日に発売します。価格は3980円(税別)。開発の背景には、日本人男性の約5人に1人が抱えるとされる、“不妊リスク”がありました。


サプリ 120粒入り。推奨摂取量は1日4粒

 2017年に、米マウントサイナイ・アイカーン医科大学の研究により、欧米の男性の精子数が約40年でほぼ半減したことが判明。日本でも21%の男性が、世界保健機関(WHO)の定める精子濃度・精子運動率の基準値を下回っているといわれています(出典:NHKスペシャル ニッポン“精子力”クライシス)。


グラフ 21%の日本人男性に不妊リスクが(TENGAヘルスケアがNHKスペシャルの内容をもとに作図)

グラフ 活発な精子の数は加齢とともに減少するとのデータも(同上)

 こうした報告をふまえ、同社は男性の不妊リスク解消を目指してサプリを開発。WHOが「原因の約半数は男性側にある」としていながら、いまだ女性側の問題と見なされがちな不妊について、「妊活は夫婦2人でするのが大事」という考え方を示しています。

 サプリには医師の監修のもとに、総精子数・精液量の増大効果が実証されている「プリマビエ」を配合。精子の酸化を抑制する「コエンザイムQ10」や、精子のDNA損傷率を下げるビタミンC・E、精子の原料となる亜鉛も含まれています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.