ニュース
» 2018年10月25日 15時00分 公開

JR西、新快速に有料の“快適”座席サービス「Aシート」導入 「快適シート」「無料Wi-Fi」「全席コンセント」、1回いくら?

2019年春導入、これは楽しみ!

[カナブンさん,ねとらぼ]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は10月24日、JR神戸線・京都線・琵琶湖線の一部新快速に、新たな有料座席サービス「Aシート」を導入すると発表しました。サービス開始は2019年春、利用料金は乗車料金(乗車券や定期券)プラス500円です。

Aシート JR神戸線・京都線・琵琶湖線の新快速へ、新たな有料座席サービス「Aシート」を導入

 Aシートが導入されるのは神戸線・京都線・琵琶湖線の新快速と呼ばれる12両編成の快速列車で、1日に上下4本運行する予定です。223系電車の1000番代2編成(2両)を改造し、9号車をAシート車両に仕立てます。1本当たりの定員は46人、テーブル付きのリクライニングシート、全席電源コンセント、無料Wi-Fiなどの快適装備・サービスを利用できます。

Aシート 「Aシート」車両のイメージ

Aシート 内装イメージ。有料座席と出入口付近には仕切りを設ける

 整理乗車券は車内で乗務員から買うスタイル。交通系ICカードと現金支払いに対応します。ゆったり席に座れる権に加えて、無料Wi-Fiに電源付きだなんて。「がんばったごほうび」などとして、通勤、通学がもっと快適に、楽しくなりそうです。

Aシート Aシートのロゴ

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.