ニュース
» 2018年10月25日 17時00分 公開

「ドアミラーがない(?)クルマ」登場 レクサスが上級セダン「ES」を発売、デジタルドアミラーを初採用 (1/2)

ちょっと未来きた。2018年10月24日発売。

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車/レクサスは10月24日、上級セダン「ES」を発売しました。価格は580万円(税込)からです。

ES300h レクサス・ES300h “version L” オプション装着車(写真:トヨタ自動車、以下同)

 ESは、北米市場でレクサスブランドが創設されて以来の歴史を持つ基幹シリーズの1つ(関連記事)。フラッグシップモデルの「LS」に次ぐ上級セダンで、全長4975ミリの伸びやかなボディーを持ちます。日本市場ではこれまで未投入でしたが、トヨタの主力セダン「カムリ」と同じGA-Kプラットフォームを採用した車種として、満を持して国内にも販売します。レスポンスに優れたラック平行式電動パワーステアリングなどとともに、「上質ですっきりと奥深い走り」を実現するとしています。

ES300h レクサス・ES300h “version L”
ES300h “F SPORT” レクサス・ES300h “F SPORT”

 安全機能には、歩行者検知機能やレーダークルーズコントロールなどの安全走行支援装備をまとめた予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準で装備します。

 中でも量産車で初採用となるオプション装備「デジタルアウターミラー」に高い注目が集まっています(関連記事)。デジタルアウターミラーは、これまでの鏡からデジタルカメラに代えた新時代の後方確認装備。カメラで写した映像を車内のモニターに表示して左右・後方を確認できます。

 従来型のドアミラーと比べて、暗所や天候の影響を受けにくく視認性を確保できるメリットがあるとし、利用シーンに応じて「自動的に画角を変えたり、ズームしたりして見やすくする」といったデジタルならではの利便性も実現します。

デジタルアウターミラー デジタルアウターミラー
レクサス ES デジタルミラー
レクサス・ES 価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.