若い女性2人が土俵上で、大統領の寝室で…… 謎のSNSアカウントを描く漫画「じどり」のオチが現代ホラー

世にも奇妙な物語感がある。

» 2018年10月27日 20時00分 公開
[コンタケねとらぼ]

 柏木大樹さん(@kasiwagidaiki)がTwitterに投稿した短編漫画「じどり」が、怖さと面白さを兼ねそろえていると好評です。広大なインターネットの世界、どこかに存在していそうなリアルさがまたゾクゾクきますね……。






柏木大樹 じどり 始まりはありふれたアカウントから

 話は、とあるごくごく普通のSNSアカウントの話から始まります。白人と黒人の女性2人組がさまざまな場所で撮影した自撮り写真を不定期に上げているというもので、フォロワーも1桁のみ。特に話題に上がるようなものではありませんでした。


柏木大樹 じどり 普通のアカウントでしたが……?

 しかしある日、このアカウントからとんでもない自撮り写真が投稿されたことで風向きが大きく変わります。2人が笑顔で飲み物を飲みながら写っている場所は、明らかに紛争地。背景では兵士が銃を撃ち、赤子を抱えた男性が頭から血を流しながら走っています。


柏木大樹 じどり 明らかに異様な写真

 この異様な投稿は、またたく間に炎上。「不謹慎にも程がある」「この2人からSNSを取り上げるべき!」「どうせ合成だろ」といったコメントが多数寄せられる事態に。これを機に2人の過去の投稿が掘り起こされる事になっていくのですが、さらに異様な写真の数々が広がっていました。


柏木大樹 じどり さらに見つかる異様な写真の数々

 そこに写っていたのは、関取が相撲をとっている土俵の上、マッターホルンの頂上、自宅で皿洗いをしているおばさんのすぐ横……などなど、とても若い女性たちが自撮りをできるとは思えないようなシチュエーションの数々。さらには某国の大統領が寝室で寝ているすぐ横で写っているものまで見つかります。

 あまりの事態に見かねた某国の大統領は、身辺警護を強化し2人の身元を徹底的に調査することに。が、数日後、歩いている大統領の肩に寄り掛かるように写る2人の写真が投稿されます。さらに、SNSの運営も2人のアカウントを何度か凍結したものの、数時間後にはなぜか勝手に復活。もはや2人は誰にも止められませんでした。


柏木大樹 じどり もはや誰にも止められなくない2人

 気付けばフォロワーが1億を超え、勝手にさまざまなグッズが作られるようになっていた2人。しかしある日、真っ黒な写真を1枚投稿したのを最後に、更新が途絶えます。時を同じくして、メキシコのとある鉱山で天井に突き刺さった2人の女性の遺体が見つかる奇妙な事件が発生。身元は不明でしたが、“あの2人”ではないかという臆測がネットを駆け巡ります。


柏木大樹 じどり 2人は死んでしまったのか……?

 この事件に、いくつかのマスコミが興味を示しました。取材班が2人の遺体を確認しようと安置所へ向かうと、いつの間にか遺体はどこかへ消失。同時に、“あの2人”のアカウントが更新されます。そこに写っていたのは、安置所で今まさに遺体を確認しようとしていたマスコミたちの横で頭から少し血を流しつつ自撮りをしている、“あの2人”の姿でした。


柏木大樹 じどり 遺体はどこへ……?


柏木大樹 じどり !!

 もはや怪奇現象となってしまった2人に、人々は恐怖。皆フォローを外し、2人を追い続けているのは一部の機関や“物好き”だけになっていました。

 そんななか、ある1人の“物好き”が独自の調査によりとうとう2人の正体を突き止めることに成功! ネットに正体を投稿しようと、キーボードをたたきます。……が、次の瞬間、“物好き”の横に、“例の2人”現れ「Smile」の言葉とともに自撮りに一緒に写されてしまいました。同時に、3人はどこかへ消滅。

 それからしばらくして、“例の2人”……いや、“例の3人”はまた新たに自撮り写真を投稿します。そう、3人目は、2人を追い続けていたはずの“物好き”。なぜかその姿は笑顔で、とても楽しそうな表情を浮かべています。まだアカウントの投稿を見続けていた一般人がこの投稿を見て、「……増えてる」と独り言をつぶやいたところで、話は終わり。


柏木大樹 じどり 怖過ぎる

 ……いや怖っ! 幽霊が出るわけでも化け物が出るわけでもないのに、異様な怖さがあります。この漫画にリプライ欄などでは、「SCPかな」「とても引き込まれました」「これは素晴らしい」「かわいいのに怖い」「こんなアカウントあったらずっと見てる」「社会の闇を引き出した名作」といった声が寄せられていました。

 誰が運用しているのかよく分からないSNSアカウントが多数存在する現在、人々が心のどこかに抱えている不気味さをこれでもかと具体的に描きあげた一作でした。……ところであなたがフォローしているそのアカウント、本当に“現実の人間”のものでしょうか……?

画像提供:柏木大樹さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  8. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」