ニュース
» 2018年10月28日 18時00分 公開

「匠の技に脱帽」「お見事」 西日本豪雨で被災し真っ赤に錆びた刀、職人たちの連係プレーでピカピカに復元

3カ月にも及ぶ修復作業でピカピカの切っ先を取り戻しました。

[Kikka,ねとらぼ]

 西日本豪雨で被災し真っ赤に錆びた刀が、刀職人たちの手によってピカピカに復元され、大きな話題を呼んでいます。

 「真っ赤に錆びてても、まだ間に合います」とのメッセージとともに刀鍛冶の安藤広康(@AndoYusuke819)さんがTwitterへ投稿したのは、刀身が錆び切った一振の刀。西日本豪雨で被災したため深刻なダメージを負った状態で、日本美術刀剣保存協会岡山県支部を介して安藤さんの元へ相談がきました。


刀職人 刀匠 刀鍛冶 すっかり錆び切ってしまった刀

 その後白銀師、鞘師、研ぎ師と安藤さんが声を掛けた複数の職人が復元に携わり、丁寧に錆びを落とすなどしていった末、約3カ月で見事復元に成功。赤く錆び切っていた刀の面影もないほど、ピカピカの刀身と鋭い切れ味を取り戻しました。


刀職人 刀匠 刀鍛冶 ピカピカに鋭い切っ先を取り戻した!

 安藤さんはこのビフォーアフターの画像を添えて「この輪を皆さんの手で拡げってやって下さい」と同様の被害を受けた刀を持っている場合は刀職に相談するよう呼びかけ、2万件以上の“いいね”を獲得。「す、すごい。復活した!」「お見事です」「匠の技に脱帽です!!」といった称賛を集めているほか、被災者以外からも所有している刀の手入れについての相談が寄せられるなどしています。


刀職人 刀匠 刀鍛冶 美しい刃文も見事

 なおねとらぼ編集部の取材に対し安藤さんは「完全に錆が取れるか心配でしたが、きれいに取れて良かったですよ」と安どのコメント。今後も匠たちの技によって一振でも多くの刀が輝きを取り戻すと良いですね。

安藤広康(@AndoYusuke819)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた