ニュース
» 2018年10月29日 11時50分 公開

思い出を写真集にして渡す恐ろしさ……! 祖母を車でテーマパークに連行する無慈悲な行為が投稿される

これが孫のすることか……(泣)。

[宮原れい,ねとらぼ]

 祖母を車で拉致して静岡県のテーマパーク「掛川花鳥園」に連れて行き、その様子を写真集にして渡し泣かせるという無慈悲な行為がTwitterに投稿されています。なんて恐ろしいことを……!(感涙)



 投稿したちゅん太(@kitigaicyunta)さんは、実際に作った「3世代女子ぶらり旅」というタイトルの写真集を一緒に公開。おばあさまとお母さま、そしてお孫さんであるちゅん太さん、3人の楽しそうな思い出が収められた中身に、見てるだけで当日のステキな時間を感じて胸が熱くなります。花や鳥とふれあうおばあさまの温かい笑顔よ……!


祖母 拉致 おばあちゃん 掛川花鳥園 写真集 3世代女子ぶらり旅 感動 孫 もう表紙の時点で涙が

 ちゅん太さんにお話をうかがうと、今回の旅行は、80代後半と高齢になり、足が弱って歩けず遠出ができないおばあさまを思ってお母さまと企画。運転、介護、車椅子移動などをするお母さまを手伝いつつ、写真集については「趣味のカメラでアッと驚かせてやろう」とちゅん太さん自身が思いついて実行したとのこと。


祖母 拉致 おばあちゃん 掛川花鳥園 写真集 3世代女子ぶらり旅 感動 孫 おばあさまの最高の笑顔がすべてを物語っています

 花と鳥とのふれあいが楽しめる「掛川花鳥園」には、おばあさまは初めて来たそうで、「彩り鮮やかな鳥と実際に触れ合えるという事でとても感動していました」と、写真集の笑顔からも伝わる通りとても楽しまれたようです。特に「ハシビロコウ」には以前にテレビで見て会いたかったらしく、「自分の目で見た時はいたく喜んでました」とのこと。また、帰りのお土産屋でもハシビロコウグッズを買っていたそうです。


祖母 拉致 おばあちゃん 掛川花鳥園 写真集 3世代女子ぶらり旅 感動 孫 実際にハシビロコウに会えて良かった……!

 ちなみに当日はおばあさまの体力を考慮して他の場所はあまり行かなかったものの、同園近くの「道の駅 掛川」に行き、いろいろ置いてある静岡の特産物や農作物を“3世代女子”でめちゃくちゃ買い込んだとのことでした。最後まで最高の一日じゃないか!

 こんな楽しい「ぶらり旅」だけでなく、その日の様子を美しく残して写真集を作り渡したちゅん太さん。コメントではあまりにステキな発想と行為に、「なんという鬼畜の所業」と言いつつ目をウルウルさせる人の声が寄せられています。


祖母 拉致 おばあちゃん 掛川花鳥園 写真集 3世代女子ぶらり旅 感動 孫 見習いたいステキな行為でした

画像提供:ちゅん太(@kitigaicyunta)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた