ニュース
» 2018年10月29日 22時29分 公開

31日のハロウィーンに向け、渋谷区長がコメント発表 一連の騒動に「大変憤りを感じております」

騒音やごみ問題のほか、複数の逮捕者が出るなど混乱した状態になっていました。

[ねとらぼ]

 10月29日、長谷部健渋谷区長がサイト上に「10月31日のハロウィーンに向けたお願い」と題するコメントを掲載しました。


渋谷 渋谷区のサイトより

 渋谷区のハロウィーンは例年大きな盛り上がりを見せますが、渋谷に集まった集団による騒音やごみなどが社会問題となっています。ハロウィーン前の土日となった27日・28日にも渋谷に多くの人が集まり、複数の逮捕者が出るなど混乱した状態になっていました。

 長谷部区長は、こうした現状について「大変憤りを感じております」「(ルール・マナー違反をしている人は)渋谷を愛し、この街を誇れるものにしていく思いのない人たち」と強く批判。また、「渋谷の街を愛し、この街を誇れるよう努力をしている方たちもたくさんいる。その人たちの努力や思いを踏みにじる一連の行為は、到底許せるものではない」ともコメントしています。


渋谷 2017年には「DJポリス」も出動

 「街の安心・安全と賑わいの両立は、地方公共団体のトップとして大事な責務です。誠に残念ながら一朝一夕にこの問題を解決できる特効薬はありませんが、解決に向けて強い意志を持って取り組んでまいります」とし、「10月31日のハロウィーンにおきましては、決して周囲に迷惑をかけることなく、モラルやマナー、法令を守り、健全にお楽しみいただくよう、よろしくお願いいたします」と呼びかけ、コメントを結んでいます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.