ニュース
» 2018年10月30日 18時00分 公開

世界的にも貴重な映像 別名“頭なしチキンモンスター”の「ユメナマコ」が撮影される

ものすごいインパクト。

[k村,ねとらぼ]

 「Headless Chicken Monster (頭なしチキンモンスター)」と呼ばれる、深海に住むナマコの珍種「ユメナマコ」。そのユメナマコの野生が南極海で泳いでいる貴重な姿が撮影されました。なんだこのクリーチャーは……!



 オーストラリア南極観測局の調査によって南極海では初めて撮影され、生息が確認された野生のユメナマコ。そのユニークすぎるフォルムから、「Headless chicken monster(頭なしチキンモンスター)」という別名を持っている深海生物です。動画を見ると、確かに頭がすっぽり抜けたチキンがユラユラと海中をただよっているように見えます……。神様は一体どうしてこんな生物をお作りになったのか。


ALT 優雅に深海を泳ぐユメナマコちゃん

 ヒレを広げて、舞うように海中を泳ぐユメナマコ。消化器官が透けて見える、半透明のワインレッド色の体はとても神秘的です。小さな手のような形状の触手を、何本も海底に這わせて進む姿も撮影されており、貴重な野生ユメナマコをじっくりと観察できます。その時々の姿で、まったく別の生物に見えるのもすごい。


ALT 個体の色はピンク。成長するとワインレッドへと変化していくのだとか

ALT 触手を出して海底をはう姿も独特すぎる

 今回ユメナマコの撮影に成功したのは、オーストラリア南極観測局が、はえ縄漁業用に開発した水中カメラシステムによるもの。この水中カメラにおさめられた深海生物たちの貴重な映像は、海中の生物と環境保護のため、はえ縄漁業を避けるべきエリアの判断材料になるとのことです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/05/news018.jpg ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
  2. /nl/articles/2007/05/news023.jpg 「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
  3. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  4. /nl/articles/2007/05/news026.jpg 「ダメだ、どんどん不気味なものが出来ていく」 こしあんを注射器で注入したら閲覧注意な水まんじゅう誕生
  5. /nl/articles/2007/04/news037.jpg 「寝かしつけあるある」「再現度高すぎて笑う」 エヴァ初号機がシルバニアの赤ん坊を寝かしつけるコマ撮りアニメがリアル
  6. /nl/articles/2003/29/news017.jpg 2台のクルマが事故……と思いきや トヨタ製ピックアップトラックが起こした事故がえげつない 米コロラド
  7. /nl/articles/2007/05/news010.jpg 「姉が小説をpixivに上げてる」 従姉妹からの相談に笑うことしかできなかった実録漫画に「血は争えない」
  8. /nl/articles/2007/05/news027.jpg 帰宅してお父さんがいるのを見た女の子は……? 娘さんに仕掛けたドッキリのリアクションが最高にかわいい
  9. /nl/articles/2007/03/news009.jpg 彼女にフラれては飼い猫に泣きつく男子 ラブコメ漫画と思いきや……思わぬ展開にゾクッ
  10. /nl/articles/2007/04/news023.jpg 「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦