ニュース
» 2016年02月08日 10時03分 公開

「紫色の靴下」と呼ばれ分類学上のナゾとされてきた深海生物、実は生物の進化のパズルを埋める重要なピースと判明

チンウズムシってなに?

[Jun,ねとらぼ]

 アメリカの深海から、生物の進化をひも解くのに重要なカギとなる、4種の深海生物が発見されました。この4種はいずれも珍渦虫属(チンウズムシ)に分類されます。珍渦虫は、体の4分の3を閉める中空部が口腔の役割をしており、脳、エラ、目、じん臓、肛門を持たないという、まか不思議な生物です。


スクリップス海洋研究所が公開した動画。殻がない貝や、魚の内臓のようにも見える珍渦虫 

 このニュースが発表されたのは、カリフォルニア大学サンディエゴ校のスクリップス海洋研究所(Scripps Institution of Oceanography)のサイトです。珍渦虫が報告されて以来、生物の臓器の進化を知る上で重要な生物とされてきましたが、分類学上においては60年近くも謎の存在でした。今回プロジェクトチームにより新たに発見された新種を遺伝子解析することによって、分類学上の位置を正しく決定することができたと説明しています。


ナゾの深海生物 スクリップス海洋研究所のサイト。イラストは新種のひとつ「Xenoturbella monstrosa」

ナゾの深海生物 新種のひとつ「Xenoturbella churro」。日本でもおなじみ「チュロス」に似ていることから命名

 このプロジェクトチームの一員である、スクリップス海洋研究所の生物学者 Greg Rouse氏が、初めて新種の珍渦虫を見つけたのは12年前。遠隔操作の深海探査機で、モンテレー湾海底の二枚貝をさらっていたときのことです。発見された新種はその外見から、冗談交じりに「紫色の靴下」と呼ばれていました。とくに今回発見された新種のひとつ「Xenoturbella monstrosa」は靴下似の外見もさることながら、これまでは3センチ以下だった珍渦虫の6〜7倍にあたる、実に20センチという大きさが特徴。まさに見た目も大きさも靴下そのものでした。

 同氏は「この発見は、生物の進化を理解する上でいくつか影響を及ぼす」とし、「珍渦虫の分類を固めることによって原始における生物の進化をさらに理解することができる」とコメントしています。

 分類を固め、遺伝子を解析することにより、珍渦虫の奇妙な構造は退化したものでなく、進化的に単一のものであることもわかりました。つまり珍渦虫が、すべての命の源である海洋生物の「進化のパズル」における重要なピースとなるということです。ひいては生物全体の進化の過程も明らかになっていくかもしれません。今後の研究が期待されます。


(Jun)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  5. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  6. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  7. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙