ニュース
» 2015年06月29日 08時00分 公開

ダイオウイカから、空飛ぶイカまで――不思議なイカのお話

ここ数年のダイオウイカブームが続いていますが、実はイカの世界は奥深く、様々な面白いイカがいるのです。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 2013年に深海に生きる巨大な「ダイオウイカ」の撮影を世界で初めてNHKが成功し、大きな反響を呼びました。そして昨年、日本各地でダイオウイカが次々と揚がったことも記憶に新しいですね。

 ここ数年のダイオウイカブームが続いていますが、実はイカの世界は奥深く、様々な面白いイカがいるのです。たとえば空飛ぶイカの「トビイカ」。さらに「ユウレイイカ」「チョウチンイカ」という風変わりのものも!

 そこで今回は、面白くて摩訶不思議なイカの世界をご案内します!

NHKのダイオウイカのスペシャル番組に合わせて公開された、約15mのプロジェクションマッピング

世界最大級の無脊椎動物と言われる巨大なダイオウイカ

 ダイオウイカは、世界最大級の無脊椎動物と言われる巨大なイカ。全長は最大で18mになると言われています。水深600〜1000mに生息していて、神秘の謎に包まれています。

 2013年には、スペインで全長9m、体重180kg!のダイオウイカが打ち上げられているのが発見され、地元メディアは大騒ぎになりました。打ち上げられた様はまさに怪物のよう。この巨大イカが、北欧伝説の海の怪物「クラーケン」(海のなかに船を引きずり込むイカ)の正体だという説もあるのもナットクです。その目は、人間の頭ほどの大きさになることもあるとか……。

 日本では2014年1月〜5月の間だけで、日本海側を中心に18体ものダイオウイカが発見されました。全長は大きいもので約5m。とにかく大きいイカですが、これほど次々に揚がるのは、とても珍しいことなのです。

空飛ぶイカの飛行行動を、北海道大学が初めて解明

 人間の数倍の大きさの巨大なイカがいることにも驚きですが、空を飛ぶイカもいるのですね。名前は、「トビイカ」。

 2013年に北海道大学の水産学部チームが、トビイカの飛び出しから着水までの一連の行動を連続写真に収めることに成功し、イカの飛行行動を世界で初めて解明しました。

 その飛び方は、墨を吐き出す漏斗(ろと)という部分から水を勢いよく噴射させて、その勢いでジェット推進し、さらに腕とヒレを広げてバランスを取りながら海上を飛び、着水するとか。飛行距離は20〜30m。トビウオ同様、捕食者から逃げるために、飛ぶ能力を発達させたそうです。

 このトビイカは全長20〜30cmくらいの可愛らしいものですが、100匹以上の集団で飛ぶ姿は圧巻で、生命の躍動を感じさせるものです。

可愛らしい姿の「ダンゴイカ」は、なんと小指の先ほどの大きさ(約2cm)!

日本近海には100種類以上のイカがいる!

 イカの種類は、世界に約450種もいます。そのうち日本近海では、140種くらいが確認されているそうです。

 細長い体がユラユラと深海を漂うことから名付けられた「ユウレイイカ」や、イカなのに足が8本!(正確には腕)の「タコイカ」など、面白いイカもいろいろいます。ダイオウイカと違い、約2cm程度の「ダンゴイカ」も水中で見たら、きっとその可愛さに目がクギづけになるはず!

 イカの神秘的な美しさをとらえた「世界で一番美しいイカとタコの図鑑」という素晴らしい写真集もあります。

 イカは食べるだけではもったいない! ぜひ興味をもって、海の世界をのぞいてみてください。素敵な発見が待っているはずです。

参考/北海道大学プレスリリース「イカはホントに空を飛ぶ:イカの飛行行動を世界でめて解明」(北方生物圏フィールド科学センター 助教・山本潤)2013年2月7日 PDFより
『世界で一番美しいイカとタコの図鑑』 窪寺恒己・監修  峯水亮・解説 エクスナレッジ

あわせてチェックしたい

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」