ニュース
» 2018年11月01日 12時30分 公開

日産・370Zを公式カスタム、400馬力超のワンオフマシン「プロジェクト・クラブスポーツ23」発表 王道のかっこよさ (1/2)

艶のある大人なチューン。【写真26枚】

[agar,ねとらぼ]

 北米日産は、ラスベガスで開催された「SEMAショー2018」でスポーツカー「370Z(日本名:フェアレディZ)」をベースとしたワンオフチューニング車「プロジェクト・クラブスポーツ23」を披露しました。

プロジェクト・クラブスポーツ23 プロジェクト・クラブスポーツ23(写真:北米日産、以下同)

 プロジェクト・クラブスポーツ23は2012年式の「370Z NISMO」を元に、NISMOとMA Motorsportsが共同で製作したチューニングカーです。NA(自然吸気)エンジンのVQ37VHRに代え、インフィニティ・Q50(日本名:スカイライン)などに搭載されるハイパワーな3リッターV型6気筒ツインターボエンジン「VR30DDTT」を移植し、400馬力以上を発生。併せて、トランスミッションは370Z NISMOの6速MTを、サスペンションやブレーキもNISMO製パーツで強化しています。

V6ツインターボエンジン「VR30DDTT」を搭載 V6ツインターボエンジン「VR30DDTT」を搭載

 このほかにも、RAYS製ホイール、カーボンファイバーで作られた軽量な外装パーツなど、各部に高性能なパーツを導入し、サーキット走行も見据えた仕様です。しかし、よくあるチューニングカーやレース車のような派手さや迫力ではなく、むしろ意識して控えながらもただ者ではない雰囲気を出すような、大人の佇まいを実現した仕上げが見事です。

 プロジェクト・クラブスポーツ23は完成車として販売する予定はありませんが、「市販パーツで顧客が再現できる」ように開発したと北米日産は述べています。このモデルのために新規開発したパーツについても、一部を販売するとしています。

 2008年にデビューした現行Z34型のフェアレディZは次期モデル登場のうわさがありますが、プロジェクト・クラブスポーツ23の王道スタイルはいかがでしょう。東京オートサロン2018などで披露した「FAIRLADY Z Heritage Edition」とともに、Z34型の集大成に値する1台といえるのかもしれませんね。

photo (参考)Z34型フェアレディZの特別仕様車「HeritageEdition」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.