ニュース
» 2018年11月02日 08時00分 公開

日本郵便がドローンによる輸送開始 福島県の郵便局間で

小高郵便局(南相馬市)〜浪江郵便局(双葉郡浪江町)間を、2キロ以下の荷物を積んで飛びます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 日本郵政が、ドローンを用いた郵便局間輸送を開始すると発表しました。11月7日から、小高郵便局(南相馬市)〜浪江郵便局(双葉郡浪江町)間の輸送をドローンが担います。


公式発表

 同社は運航にあたり、国土交通省が9月に改正した「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」に基づいて許可を申請。10月26日に、日本初の「補助者を配置せずにドローンを目視外飛行させる」承認を得ています。

 ドローンは毎月第2・第3週の火曜〜木曜日、9時から16時まで1日最大2往復する予定。2キロ以内の荷物等を積み、地面から60メートル以下の高さを、時速約54キロ以下で飛行するとのことです。


運航ルート 日本郵便の資料より、運航ルート。運航区間の南相馬市および浪江町は、ドローンの自由度の高い飛行を受け入れるよう取り組んでいます


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.