ニュース
» 2018年11月04日 18時30分 公開

伝説の豪華客船「タイタニック号」が復活 豪資産家が第2号を建造へ、処女航海は2022年

資産家、クライブ・パーマー氏によるプロジェクトが再開。

[agar,ねとらぼ]

 悲劇の船として知られ、映画などで今なお人々の記憶に残る伝説の豪華客船「タイタニック」を、現代に復活させようというプロジェクトが進められています。

タイタニック2号 ブルースターライン 豪華客船 復活 建造 タイタニック2号(画像:ブルースターライン)

 「タイタニック2」と名付けられた新たな客船は、オーストラリアの資産家クライブ・パーマー氏が率いるクルーズ会社「ブルースターライン」が建造。計画が動き出したのは2012年で、一時頓挫したものの2018年9月に再開が発表されました。

タイタニック2号 ブルースターライン 豪華客船 復活 建造 最新の安全装備を完備

 かつてのタイタニック号と同じ大西洋航路の就航に加えて、各地に寄港しながら世界を一周する計画があり、かつての悲劇を繰り返さないよう、レーダーなどの安全装備に力を入れ、最新の設備で固めています。

タイタニック2号 ブルースターライン 豪華客船 復活 建造 1等食堂
タイタニック2号 ブルースターライン 豪華客船 復活 建造 1等個室
タイタニック2号 ブルースターライン 豪華客船 復活 建造 船内にはプールやジムも

 タイタニック2には豪華客船にふさわしい内装はもちろんのこと、プールやスポーツジムなどの充実した設備を備え、世界一周の旅を快適に楽しめるよう設計されています。

 タイタニック2はブルースターラインのフラッグシップとして計画されており、2022年頃の処女航海を目指しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.