ニュース
» 2018年11月03日 18時00分 公開

トヨタ、燃料電池車「MIRAI」をリニューアル セーフティやソナーなど安全装備を山盛り仕様に (1/2)

安全装備を充実、727万4880円から。

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は、FCV(燃料電池自動車)「MIRAI」に一部改良を施し、2018年10月30日に発売しました。価格は727万4880円(税込)からです。

MIRAI FCV リニューアル 燃料電池車 モデルチェンジ 燃料電池車「MIRAI」がリニューアル(写真:トヨタ自動車)

 MIRAIは、2014年に発売されたセダンタイプのFCV。水素と酸素の化学反応によって発電する燃料電池を動力源としており、MIRAIのために開発された「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」は、後に燃料電池バス「SORA」などでも活用されています。

SORA FCV 燃料電池車 燃料電池バス「SORA」

 同車が登場する以前のFCVの多くは、リース販売や公共機関での導入が中心となっており、MIRAIは個人が買える本格的な市販車としての先駆け的存在でした。2015年1月に発表された発売後1ヶ月間の売上データでは、1500台あった受注のうち、約4割が個人購入とされています。

MIRAI FCV リニューアル 燃料電池車 モデルチェンジ 現行モデルの製造風景

 今回のマイナーチェンジでは、トヨタの各車種で導入が進む運転支援システム「Toyota Safety Sense」を標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによって歩行者や自転車との衝突回避を支援する「プリクラッシュセーフティ」、道路標識を認識する「ロードサインアシスト」、前のクルマが発進するとブザーやディスプレイ表示で知らせてくれる「先行車発進告知機能」などの機能を搭載します。

 また、駐車場などでのブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎによる事故の被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」も装備するなど、安全装備の充実が図られています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」