ニュース
» 2018年11月04日 11時00分 公開

「絵に関する願いを1つかなえる魔神」の漫画がハッピーで気持ちいい 魔神すら幸せにした漫画家の願いとは?

「3つの願い」系の話は、オチが不幸になりがちなものですが?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 オタクの思いを童話風に描く、「#コミケ童話」シリーズの最新作がTwitterで公開されました。今回は「アラジンと魔法のランプ」の「ランプの精」を、「絵に関する願いだけを取り扱う魔神」に翻案。呼び出した漫画家は、何を願うでしょうか。


アイキャッチ 「絵の魔神」なので、ペンタブなどの画材から出てきます

「絵の魔神」パート1

 主人公の漫画家が使い古したペンタブをふいていると、ケーブル端子から大きな魔神が登場。実は主人公が買ったときからペンタブに潜んでいたのですが、6年経って初めて掃除されたことで、ようやく外に出られたのです。ズボラすぎるわあ。


1-1

 1つだけ願いをかなえてくれると言われ、主人公はすぐさま「5億円ください」「部屋を永久にきれいな状態に」などと頼みますが、いずれも却下。なにぶん「絵の魔神」なので、絵に関連する願いしか受け付けないというのです。

 魔神は「画力を上げたい」や「面白い漫画のストーリーが欲しい」といった願いはどうかと、過去に受けた願いを例に提案。しかし主人公は、「自分の実力でないことをほめられても欲求が満たされないから」と断ります。魔神は「難儀な人だ」と困り気味ですが、主人公の気持ちも分かる。


1-2

 話が行き詰まったところで、ふと主人公が「願いをかなえたあと魔神はどうなるのか」と聞くと、また別の画材に移るとの返答。かつては遺跡の中で、300年以上も出土を待ったこともあるといいます。

 それを聞いてかわいそうに思ったのか、主人公は「魔神を自由にする」と願うことに決定。意外な言葉にとまどう魔神へ、「代わりに自分のアシスタントになってほしい」と頼みます。そういう手もあるか。


1-3

 主人公の意図をようやく理解した魔神は大喜び。「主人公が念じればいつでも駆けつけて、部屋掃除でも買い出しでも何でも手伝う」と約束し、「ルーブル! オルセー!」と叫びながらノリノリで飛び去っていきました。絵の魔神なのに美術館にも行けないのが、相当苦しかったんでしょうね……。読者からは「魔神さんが幸せそうでこっちまで笑顔に」「たった1つの願いを相手の自由のために使う主人公がステキ」といった感想が寄せられていました。


1-4 魔神のうれしそうな表情!

「絵の魔神」パート2

 続けて公開されたパート2では、その後の2人の暮らしが描かれました。魔神のおかげで主人公は毎週優良入稿。魔神も「何年も身動きできない状態から脱却できただけで、一生尽くしても足りない」と、互いに感謝し合う日々を送っています。


2-1

 入稿後の雑談中、話題は過去に魔神が願いをかなえた人物に。主人公は「偉人やプロの先生になっているのか」と想像していますが、魔神はもともとプロだった人の願いをかなえたことはあるものの、「私の力で素人からプロになった人はほぼいない」としています。画力だけが上がっても、想像力や見せ方が向上するわけではないですし、面白い漫画の原案をもらっても、形にできるかは本人の実力次第ですからね……。絵の世界は厳しい。


2-2

 そこから、魔神は「もしあのとき私のためでなく、自身のために願うとしたら何を望んだか」と質問。主人公は「想像したポーズへ自動的に変わるデッサン人形」などと、作画の助けになる物を想像します。すると魔神は、「それくらいなら私がやりますよ」と進言。作画参考用のポーズをとるのもアシスタントの仕事とは聞きますが、魔神の大柄な体格では参考にしにくいような……?

 ところが、さすがは魔神。老若男女を選ばず、自由に体型を変える能力があり、試しに美女へ変身してみせます。女性に不慣れな主人公は、それを見て「戻って! 戻って!」と大慌て。「ほれたらどうするんだバカ!」「こんなっ狭い部屋に! 急にそんな現れたら駄目! おおっおかしくなる!(原文ママ)」と、大いにうろたえてしまいます。


2-3

 その後もあらためて女性化した魔神を見て、「だめだーーっ! いや! だめじゃなさすぎてだめだぁ〜〜!」と動揺しっぱなし。主人公はやっとのことで落ち着くと、魔神に冬コミでの売り子をお願いするのでした。関係性に波乱が起きたような気もしますが、仲が良さそうでなによりです。


2-4

 おのでらさん(@onoderasan001)が手がけるコミケ童話シリーズは、『コミケ童話全集』として書籍化されています。第2巻が11月8日に発売予定で、「絵の魔神」も収録されます。


作品提供:おのでらさん(@onoderasan001

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」