ニュース
» 2018年11月04日 11時00分 公開

「絵に関する願いを1つかなえる魔神」の漫画がハッピーで気持ちいい 魔神すら幸せにした漫画家の願いとは?

「3つの願い」系の話は、オチが不幸になりがちなものですが?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 オタクの思いを童話風に描く、「#コミケ童話」シリーズの最新作がTwitterで公開されました。今回は「アラジンと魔法のランプ」の「ランプの精」を、「絵に関する願いだけを取り扱う魔神」に翻案。呼び出した漫画家は、何を願うでしょうか。


アイキャッチ 「絵の魔神」なので、ペンタブなどの画材から出てきます

「絵の魔神」パート1

 主人公の漫画家が使い古したペンタブをふいていると、ケーブル端子から大きな魔神が登場。実は主人公が買ったときからペンタブに潜んでいたのですが、6年経って初めて掃除されたことで、ようやく外に出られたのです。ズボラすぎるわあ。


1-1

 1つだけ願いをかなえてくれると言われ、主人公はすぐさま「5億円ください」「部屋を永久にきれいな状態に」などと頼みますが、いずれも却下。なにぶん「絵の魔神」なので、絵に関連する願いしか受け付けないというのです。

 魔神は「画力を上げたい」や「面白い漫画のストーリーが欲しい」といった願いはどうかと、過去に受けた願いを例に提案。しかし主人公は、「自分の実力でないことをほめられても欲求が満たされないから」と断ります。魔神は「難儀な人だ」と困り気味ですが、主人公の気持ちも分かる。


1-2

 話が行き詰まったところで、ふと主人公が「願いをかなえたあと魔神はどうなるのか」と聞くと、また別の画材に移るとの返答。かつては遺跡の中で、300年以上も出土を待ったこともあるといいます。

 それを聞いてかわいそうに思ったのか、主人公は「魔神を自由にする」と願うことに決定。意外な言葉にとまどう魔神へ、「代わりに自分のアシスタントになってほしい」と頼みます。そういう手もあるか。


1-3

 主人公の意図をようやく理解した魔神は大喜び。「主人公が念じればいつでも駆けつけて、部屋掃除でも買い出しでも何でも手伝う」と約束し、「ルーブル! オルセー!」と叫びながらノリノリで飛び去っていきました。絵の魔神なのに美術館にも行けないのが、相当苦しかったんでしょうね……。読者からは「魔神さんが幸せそうでこっちまで笑顔に」「たった1つの願いを相手の自由のために使う主人公がステキ」といった感想が寄せられていました。


1-4 魔神のうれしそうな表情!

「絵の魔神」パート2

 続けて公開されたパート2では、その後の2人の暮らしが描かれました。魔神のおかげで主人公は毎週優良入稿。魔神も「何年も身動きできない状態から脱却できただけで、一生尽くしても足りない」と、互いに感謝し合う日々を送っています。


2-1

 入稿後の雑談中、話題は過去に魔神が願いをかなえた人物に。主人公は「偉人やプロの先生になっているのか」と想像していますが、魔神はもともとプロだった人の願いをかなえたことはあるものの、「私の力で素人からプロになった人はほぼいない」としています。画力だけが上がっても、想像力や見せ方が向上するわけではないですし、面白い漫画の原案をもらっても、形にできるかは本人の実力次第ですからね……。絵の世界は厳しい。


2-2

 そこから、魔神は「もしあのとき私のためでなく、自身のために願うとしたら何を望んだか」と質問。主人公は「想像したポーズへ自動的に変わるデッサン人形」などと、作画の助けになる物を想像します。すると魔神は、「それくらいなら私がやりますよ」と進言。作画参考用のポーズをとるのもアシスタントの仕事とは聞きますが、魔神の大柄な体格では参考にしにくいような……?

 ところが、さすがは魔神。老若男女を選ばず、自由に体型を変える能力があり、試しに美女へ変身してみせます。女性に不慣れな主人公は、それを見て「戻って! 戻って!」と大慌て。「ほれたらどうするんだバカ!」「こんなっ狭い部屋に! 急にそんな現れたら駄目! おおっおかしくなる!(原文ママ)」と、大いにうろたえてしまいます。


2-3

 その後もあらためて女性化した魔神を見て、「だめだーーっ! いや! だめじゃなさすぎてだめだぁ〜〜!」と動揺しっぱなし。主人公はやっとのことで落ち着くと、魔神に冬コミでの売り子をお願いするのでした。関係性に波乱が起きたような気もしますが、仲が良さそうでなによりです。


2-4

 おのでらさん(@onoderasan001)が手がけるコミケ童話シリーズは、『コミケ童話全集』として書籍化されています。第2巻が11月8日に発売予定で、「絵の魔神」も収録されます。


作品提供:おのでらさん(@onoderasan001

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」