ニュース
» 2018年11月06日 11時00分 公開

またヤベーの出てきた! 神様ケン・ブロックの新型マシンは914馬力の魔改造77年式トラック (1/2)

危険そうな雰囲気ばりばり。

[agar,ねとらぼ]

 ド派手なドリフトパフォーマンスを披露する動画「ジムカーナ」シリーズでおなじみのラリードライバー、ケン・ブロック選手(関連記事)。そのシリーズ最新作「ジムカーナ10」に向けて、ブロック選手の率いるチーム「HOONIGAN(フーニガン)」が新型マシンを公開しました。

HOONITRUCK F-150ベースの怪物マシン「HOONITRUCK」。ヤバイですねーこの危険な雰囲気(写真:フーニガン・レーシング・ディビジョン、以下同)

 新型マシンの名前は「HOONITRUCK(フーニトラック)」。ベース車はなんと1977年型のピックアップトラックです。ヤバイですね、この形……。

 ブロック選手のマシンは、人気マシン「Hoonicorn」のようにチーム名をもじった名前が付けられることがあります。Hoonicornは1965年型の「フォード・マスタング」をベースに、最終的には1400馬力のモンスターマシンにまで進化しました(関連記事)

 今回のHOONITRUCKはその再来ともいえるでしょうか。1977年型のフォード・F-150に914馬力を発生する怪物エンジンを搭載します。写真を拡大してよーく見てみてください。ボンネットからエンジンヘッドとでかいターボチャージャーがにょきっと飛び出しています。エンジンヘッドは分かりませんが、ターボチャージャーは恐らくわざとです♪

ベッタベタに低い車高とオーバーフェンダーで迫力の面構え ベッタベタに低い車高とオーバーフェンダーで迫力の面構え

 HOONITRUCKには、スーパースポーツ「フォード・GT」などに搭載されるフォード製V型6気筒エコブーストエンジンを採用しました。エコブーストとは、大排気量エンジンに匹敵する出力がありながらも燃費改善や二酸化炭素排出量の削減を見込むエンジン。こんなド派手なパフォーマンスをするマシンといえども、環境対策はきちんと意識しています。

 この新型マシンは、Amazonプライム・ビデオで2018年11月16日に公開される「ジムカーナ10」と「ジムカーナファイルズ」でデビューします。

ケン・ブロック ジムカーナ10 HOONITRUCK ホントにピックアップトラックだった
914馬力のV6エンジンを搭載 914馬力にパワーアップしたフォードV6エコブーストエンジンを搭載。エンジンルーム内はそこまでギチギチというわけではない
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.