ニュース
» 2018年11月06日 12時48分 公開

引退するカープ新井に、男・黒田が中国新聞に自費掲載した広告が粋 「結局、新井は凄かった」

制作の詳細は、黒田さんの意向によって伏せられています。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 今シーズン限りで引退する、プロ野球・広島カープの新井貴浩内野手。長年カープを支えた彼に送られた、中国新聞の2018年11月5日の広告がカープファンの気持ちを熱くしています。広告主はあのカープOB、黒田博樹でした。



黒田と新井 「カレの軌跡」は拙攻のシーンばかり?(画像提供:楽しい農さん)

黒田と新井 結局、新井は凄かった(画像提供:のれんさん)

黒田と新井 広告主に「黒田博樹」(画像提供:のれんさん)

 その内容は、新井が三振に倒れたり、盗塁死したり、退場になったりと、新井が不振に終わったシーンの新聞記事ばかりを集めた構成になっています。しかしその裏には「結局、新井は凄かった。」と書かれ、その下には「広告主 黒田博樹」とサイン。

 2人は万年Bクラスだった時代からカープを支えてきた盟友で、新井自身も黒田については「若いころからかわいがっていただいている」と語っていたほど。カープに新井が帰還する際も、「大丈夫だから、もう帰ってこい」と大いに背中を押してくれたとか。そんな関係性だからこそ通じる、ユーモアあふれる広告です。

 しかも、新井がダメだったことを表す文章部分には青いマーカーが引かれ、逆に黒田が活躍したところの文章には赤いマーカーが引かれる心憎さ。カープファンをはじめ、野球ファンなら思わずクスッとしてしまいます。


黒田と新井 新井がダメだったところの文章には青いマーカーで線が(画像提供:のれんさん)

黒田と新井 逆に黒田が良かったところの文章には赤いマーカーが(画像提供:のれんさん)

 中国新聞の担当者によると、こういった広告を出したいと黒田さんの方から話があったそうです。それ以上の詳細は、黒田さんの意向によって伏せられています。ちなみにこの日の中国新聞は、東京・銀座にある広島のアンテナショップ「TAU」でも11月6日15時以降入荷予定とのことです。


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」