ニュース
» 2018年11月07日 10時15分 公開

JR東日本がシェアオフィスを駅ナカで展開 東京、新宿、品川の3駅で11月28日からテスト運用 (1/2)

3タイプのシェアオフィスを展開予定

[だい,ねとらぼ]

 JR東日本が駅ナカを舞台にしたシェアオフィス事業「STATION WORK」を発表しました。本格的な展開に先駆けて、2018年11月28日から実証実験が行われます。

JR東日本 シェアオフィス ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」外観イメージ
JR東日本 シェアオフィス 「STATION BOOTH」内部イメージ

 STATION WORKは、個人と法人を問わずに利用できるブース型のシェアオフィス「STATION BOOTH」のほか、法人を対象としたコワーキング・スペースタイプの「STATION DESK」、法人を対象とした個室タイプの「STATION OFFICE」という3種類のサービスの総称で、主要な駅施設内でサービス展開を予定しています。

JR東日本 シェアオフィス 「STATION DESK」は法人向けに資料作成やWEB会議ができる場所を提供。料金は従量課金制を予定しています
JR東日本 シェアオフィス プロジェクト利用など法人向けの個室型スペース「STATION OFFICE」は固定賃料制を予定しています

 サービスの主軸となるSTATION BOOTHは、デスク、イス、照明、電源、無料Wi-Fi、USBポート、暖房、モニター、アロマが標準設備として用意されており、PC作業をするうえで欲しいものが一通りそろっています。

JR東日本 シェアオフィス 「STATION BOOTH」の別デザイン

 利用するには特設サイトから申し込み(事前予約も可)をする必要があり、入退出はQRコードなどで管理されます。利用時間に応じて料金が発生する従量課金制となっていますが、現時点では正式な料金設定は未定とされています。

 11月28日より始まる実証実験では、STATION BOOTHを東京駅、新宿駅、品川駅にそれぞれ4室ずつ設置する予定で、期間は2019年2月20日までの3カ月間(12月30日から1月3日は休業)を予定しています。

 実証実験でも利用する場合は予約が必要で、11月19日10時から受付スタート。1カ月先まで予約可能で、利用時間は午前9時から午後9時まで。1回の利用時間は15分から30分までとなっており、実験中の料金は無料となっています。

だい

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン