ニュース
» 2018年11月08日 19時00分 公開

映画館で「スマホ」「袋ガサガサ」「ギャン泣き赤ちゃん放置親」 思わず般若化した経験を描いた漫画に共感の声

あるある……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 映画館でマナーの悪い人に遭遇した悲しい体験を漫画にまとめたツイートが2万5000件以上の「いいね」を集めています。迷惑な人が近くにいると一気にしょんぼりしてしまうの、とても分かる。

映画館のマナー 楽しみであればあるほど悲しくなる

 漫画を公開したのは、「(マナーの悪い人に遭遇する率が)10回中3回くらいある」というかろ(@aqbl_000)さん。憤りのあまり作中の自画像では般若のお面を被っています。

 映画を台無しにする代表的な事例として上げているのは、上映中にスマホの電源を付ける人、おしゃべり・いびき・袋ガサガサといった騒音系、そしてギャン泣き赤ちゃんを放置する親の3パターン。映画「キングスマン」の名言「マナーが紳士をつくる」を回想しつつ、非紳士的な人たちへの不満を述べています。


映画館のマナー

 海外ではマナーについて日本ほど厳しくないという意見もありそうですが、こうした意見に対しては「海外では〜とか知らん」「ここは日本じゃ 日本のマナーで頼む」「日本語が読めないのか?(怒)」と、よほどつらい体験をしてきたのか般若っぷりが加速。まあ、シネコンだとマナームービーは日本語だけでなく、多言語の字幕付きだったりするので、日本語が読めなくてもマナーは守ってもらいたいところではあります。


映画館のマナー

 なお赤ちゃんの泣き声については「『静かに』という映画館のマナーを破るとあらかじめ分かっていて連れてくるのは配慮がなく自分勝手」で、むしろ赤ちゃんがかわいそうだとの補足もしています。最近は赤ちゃんとの鑑賞OKな上映も増えてきているので、最寄りの映画館を調べてみてほしいとも。

 同作には読者から「映画館に行くたびギャンブル(今日は大丈夫な日か)な気分になるのが嫌すぎ」「自分が経験したのは、10代の子らが映画館外のポテチと水筒を持ち込み、バリバリガサガサ、ぐびッガコッぐびッガコッ」「それが嫌なので私は映画が公開されてから最低1カ月はたってガラガラの席に座って観るのが趣味です」と、いろいろな体験談が寄せられています。



 筆者が個人的に般若化しがちなのは、スマホ画面が眩しいときはもちろんですが、着信やメールの受信を伝えるためランプがチカチカした状態で放置されるパターン。服やカバンの中にしまっていても光が目に入ってくることがあるので、ぜひ「電源はオフ」を忘れないようにしたいものです。


画像提供:かろ(@aqbl_000)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声