ニュース
» 2018年11月08日 19時00分 公開

無印良品がバスを作る!? フィンランドの全天候型自動運転シャトルバスにデザイン提供、2020年実用化を目指す

使う側の立場で徹底的に考えたデザイン

[だい,ねとらぼ]

 無印良品のブランドで知られる良品計画が、2020年に実用化を目指しているフィンランドの自動運転バス「Gacha(ガチャ)シャトルバス(仮称)」に車体デザインを提供したと発表しました。

無印良品 良品計画 全天候型自動運転シャトルバス 良品計画が発表した「Gachaシャトルバス」車体デザイン

 Gachaシャトルバスは、どんな気象条件であっても機能する自動運転バス。2020年に公共交通機関としての実用化を目指して、自動運転技術の研究開発を行うSensible 4がエスポー、ヴァンター、ハメーンリンナの首都ヘルシンキ周辺にある3都市からサポートを受けて開発を進めています。

 自動運転バスやロボタクシーなど、既存技術は温暖な気候でテスト開発されたものが多く、大雨や雪といった悪天候に対応できるか否かが大きな課題となっていることから、Sensible 4は北極圏にあるフィンランド最北端にあるラップランドという過酷な寒冷地で、技術テストと検証を行っています。

 良品計画は、全天候型という特長、そして公共交通機関として実用化をターゲットにしている「Gachaシャトルバス」について、世界中の国や地域にて「感じ良いくらし」を提案するという点で考えが合致。Sensible 4と共同プロジェクトを2017年からスタートさせていました。

無印良品 良品計画 全天候型自動運転シャトルバス 優しさを感じるデザイン。ラウンド型のベンチシートを採用

 Gachaシャトルバスの大きさは、長さ4.5メートル、幅2.5メートル、高さ2.8メートルとなっており、定員は16人。座席数は10席、立ち乗り6人を想定しています。

 自動運転時の最高速度は時速40キロ。駆動方式は電動4WDで、最大走行距離は100キロ以上となっています。

 今後は、2019年3月にヘルシンキ近郊にて 実働車両のプロトタイプを一般公開し、2019年前半にはフィンランド3都市にて実用試験運行をスタートする予定となっています。

だい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響