ニュース
» 2018年11月09日 00時00分 公開

アスパラを食べるとおしっこが臭くなる!? 「イグ・ノーベル賞」目指す学生描いた漫画『いぐのべる』スタート(1/2 ページ)

『別冊少年マガジン』12月号からスタート。

[ねとらぼ]

 目指すはノーベル賞ではなく「イグ・ノーベル賞」――『別冊少年マガジン』12月号(11月9日)で、サイエンスコメディー漫画『いぐのべる』の連載が始まります。

いぐのべる 『いぐのべる』

 原作はbikiさん、漫画は高田桂さんが担当。京都の外れにある大学の研究室を舞台に、ひょんなことからイグ・ノーベル賞を目指すことになったモテない理系学生・猪瀬双六の奮闘を描きます。

 イグ・ノーベル賞は、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられるノーベル賞のパロディー。これまでに「猫が固体でも液体でもあるのことについての考察」「中身の入ったビール瓶と空瓶はどちらが頭をたたきつぶしやすいかの検証」など、一見ばかばかしいテーマを大まじめに研究した成果に与えられています。

いぐのべる 「アスパラガスを食べるとおしっこが臭くなる」。なるほど勉強になる

 猪瀬は何事にも好奇心を持って大まじめに取り組む、教授曰く「筋金入りの阿呆」。研究室のバーベキューでアスパラガスを食べた際に「アスパラガスを食べるとおしっこが臭くなる」と聞いて、すぐさまトイレに確かめに行ってしまうほど。そんな彼がイグ・ノーベル賞を目指す上でやりたいのは……「エロい研究がしたい」。果たしてどんなえっち、もといユニークな研究が飛び出すのか楽しみです。

bikiさんコメント

 嫌なことがあっても、「イグノーベル賞」のことを考えると少し元気になれる。理系出身の私にとって、ぶっ飛んだ受賞研究の数々は、いつも“心のビタミン”でした。いつか、この賞を題材にした作品を作りたい。その願いが、高田桂先生の俊英な力をお借りして、ついに実現しました。とことんバカで、読むと少し賢くなれる。皆さんの“心のビタミン”になれるような作品に仕上がったと信じています。是非読んでもらえれば、嬉しいです。

高田桂さんコメント

 最初にこの原作をいただいた時に思ったことは、あまりの得体の知れなさに「この作品を自分がどうこうできるビジョンがまったく浮かばない…!」でした。正直いまもその印象はあんまり変わっていません(笑)とにかく自分は原作が持つパワーに乗っかって、ただひたすらおっかなびっくり且つノリノリで描けるといいなと思っています。その先に起こるかも知れない化学変化を信じて…。というわけでがんばります!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」