ニュース
» 2018年11月10日 12時00分 公開

人体切断や空中浮遊で「戦う」! “ヤバい人たち”が集うマジックの世界大会では何が起こっているのか?(1/4 ページ)

「ステージで蝶を出したマジシャンがいたんですよ。そしたら……」

[赤いシャムネコ,ねとらぼ]

 マジックに世界大会があると言うことをご存じですか?

 「マジックで戦う」とは一体どういうことなのか。大会で出会った“ヤバい”マジシャンたちの存在とは。

 競技マジックの世界について、現在IT企業に勤めるかたわら世界各国の大会に出場しているマジシャン、菰原裕(こもはら・ゆう)さんに教えてもらいました。


日本代表として、マジックの世界大会「FISM」のアジア予選を戦う菰原さん

人体切断や空中浮遊で“戦う”

――マジックの世界大会とはどんなものですか?

菰原: 3年に1度行われる世界大会「FISM」は、マジックのオリンピックと呼ばれています。2018年はちょうど開催年にあたり、韓国・釜山で大会が行われました。プロアマ問わず自分の腕を試したい人が集まって、1週間近くに渡りいろんな競技が行われます。

 期間中はコンテストだけでなく、世界トップのマジシャンによる勉強会が開催されたり、各国のマジックショップが集まってグッズを販売したり、お祭りのような雰囲気です。


2018年は韓国で開催された「FISM」
FISMのマジックグッズブース。会場がお祭りのような雰囲気だ

――どうやったら世界大会へ出場できるのですか?

 日本の場合、まず国内選考会があります。前回は東京で2回、三重で1回ありました。そのうちどれかの選考会で通過すると、日本代表に選ばれて、地域予選(アジア予選)にエントリーできます。

 この地域予選である程度以上の成績を残せば、ついに本戦への参加が認められます。今回は日本から、あわせて10人くらい本戦に参加しました。

――世界大会ではどういうマジックで戦うのですか?

 ステージマジッククロースアップマジックの部門に大きく分かれており、それぞれの中でさらに細かな部門があります。

 ステージマジックでイメージしやすいのは、イリュージョン部門でしょうか。人体切断空中浮遊といった、大仕掛けのマジックで技を競います。あとは鳩出しとかもステージ部門ですね。

 クロースアップマジックは、テーブルを使って見せる、少人数を対象にしたマジックですね。カードマジックの部門などがあります。

――その中で菰原さんはどの部門に?

 ステージマジックのジェネラルマジック部門です。ステージには先ほど挙げたイリュージョン部門に加え、指先の技の巧みさを競うマニュピレーション部門、笑いを取り入れたコメディ部門などがあるのですが、ジェネラルマジック部門は、自分ならではの表現や雰囲気、世界観を見せたい人がやることが多いですね。

 だから強いキャラクターを持っている人や、ストーリーで勝負したい人がジェネラルをやることが多いです。例えば今回のジェネラルマジック部門の1位は、通常皆さんが想像するようなマジシャン像からはかけ離れていて、仙人のような格好で水晶玉を水から取り出していく、アーティスティックな方でした。


「紙コップは安いんです」

――菰原さんは大会でどんなマジックをしているんですか?

 紙コップと、四つ玉と呼ばれるボールを使ったマジックを行っています。四つ玉は定番の道具ですが、紙コップという素材をステージでここまで使った人間は僕くらいじゃないでしょうか(笑)。

――なぜ紙コップを選んだのでしょう?

 紙コップは何より「安い」んです! 競技マジックの道具って、ほとんどはオリジナルで作るんですね。紙コップなら制作に失敗してもお金の心配がないし、薄くて加工しやすい。道具をなくしてもすぐに作り直せる。みんな紙コップでマジックをすればいいと思っています。


紙コップと四つ球を使ったマジック

――その紙コップのマジックで、世界各国の大会で受賞をしています。

 1位を3回、2位を6回獲っています。タイ、台湾、中国、韓国で各1回、イタリアで2回、2位をとりました。

――2位がお好きなんですか?

 嫌いです。大嫌いです。

――2位じゃダメなんですか。

 1位が取れなそうなときは「2位だったらおいしいな」と考えてしまう自分が嫌いです。

――大会に出ると稼げますか?

 僕は稼げていないです。稼げている人もいるかもしれませんが、大会だけでは厳しいのではないでしょうか。日本だと一番いい大会でも賞金は数十万円で、年1回ですから。


大会に出没する“ヤバい”マジシャンたち

――今回の世界大会で「この人はヤバいな」と思ったマジシャンはいますか?

 リード・チャンという韓国のマジシャンですね。時計と煙を使うマジックで、ジェネラルマジック部門の2位を獲りました。詳しくは言えないのですが、あらゆるものが消えるんです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」