ニュース
» 2018年11月13日 11時00分 公開

存在感すごすぎー!? 「トヨタ・ハイラックス」に誕生50年特別モデル、オバフェン仕込んだザ・豪快仕様(1/2 ページ)

マッチョ感もりもりもり。【画像58枚】

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車がピックアップトラック「ハイラックス」の発売50周年を記念した特別仕様車「Z “Black Rally Edition”」を2018年12月17日に発売します。価格は394万7400円(税込)からです。

ハイラックス Z “Black Rally Edition” ハイラックス Z “Black Rally Edition”(写真:トヨタ自動車、以下同)

 ハイラックスは1968年に登場したピックアップトラック車種。世界各国で販売され、トヨタ車全体ではカローラに次ぐ売上台数を記録するといいます。耐久性と利便性の高さなどからピックアップトラックの需要が高い北米市場で特に支持されました。

 北米市場向けモデルが「タコマ」として独立した2018年現在、ハイラックスは新興国向けの世界戦略車として展開しています。日本での販売は6代目モデルの生産が終了した2004年に一時途絶えましたが、根強いファンの要望を受けて2017年に復活。タイで生産する現行の8代目モデルを輸入する形で販売されています。

ラリーテイストを盛り込んだスポーティな外観に 特別モデルは、ラリーテイストを盛り込んだスポーティな外観に
ハイラックス Z “Black Rally Edition” ハイラックス Z “Black Rally Edition” TRDカスタムパーツ装着車

 今回の特別仕様車は上位グレード「Z」をベースに外観や内装を大胆にリファイン。ブラック塗装で精かんな印象を与える専用デザインのフロントグリルやバンパー、専用アルミホイールとホワイトレター入りのオフロードタイヤ、そしてオーバーフェンダーで、マッチョで力強い雰囲気を高めた外観に仕上げました。

 内装も特別仕様です。ステアリングやダッシュボードの一部にブラックメタリックで加飾したほか、専用のオプティトロンメーター(自発光式メーター)などでオーナーの所有満足度を高める工夫も施しています。

(参考)ベースとなった「Z」グレード (参考)ベースとなった「Z」グレード
ハイラックス Z “Black Rally Edition”の価格 ハイラックス Z “Black Rally Edition”の価格と主な仕様
ハイラックス Z “Black Rally Edition”の価格 Z “Black Rally Edition”主要装備比較
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」