ニュース
» 2018年11月13日 20時55分 公開

TwitterのCEO、ツイート後の編集機能に言及 「同意のためのRTが逆の意味になる可能性」実装に慎重姿勢示す

需要は間違いなくあるのですが。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 米TwitterCEOのジャック・ドーシーさんが、インド工科大学(IITs)の講演会に登壇。寄せられた質問に回答する形で、ユーザーからたびたび要望として上がっている“投稿後のツイートの編集機能”について言及しました。



TwitterのCEO、ツイート後の編集機能に言及 「同意のためRTしたつもりがその逆になる可能性」実装に慎重姿勢示す ジャック・ドーシーさん(画像はPeriscopeより

 ドーシーさんは「エディット(編集)ボタンはいつ利用できるようになりますか?」という質問に対し、つづりの誤りやリンクの貼り間違えなどを修正したいという需要は把握していると前置き。その上で、ツイートの内容を後から書き換えられるようになると、同意を示す意図でリツイートしたはずが、ツイートの修正により正反対の意見をリツイートしている状態になりかねないという問題点を指摘しました。


TwitterのCEO、ツイート後の編集機能に言及 「同意のためRTしたつもりがその逆になる可能性」実装に慎重姿勢示す ドーシーさんが会場に向かって編集ボタンを希望する人に挙手を求める場面

 変更時のログを残すなどいろいろな方法について検討はしているものの、問題を本質的に解決していること、そしてユーザーが簡単に扱えることが重要であると強調したドーシーさん。「『とりあえずやってみる』ということはできない」と、慎重姿勢を示しました。


TwitterのCEO、ツイート後の編集機能に言及 「同意のためRTしたつもりがその逆になる可能性」実装に慎重姿勢示す

 ドーシーさんは2016年末にも自身のTwitterアカウント上で編集機能について、ユーザーと交流する中で言及。「(投稿後)5分間限定で編集できる機能と、いつでも編集できる機能のどちらのほうが良い?」と質問を投げかけていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む