レビュー
» 2018年11月17日 10時00分 公開

あえての鉄旅 最新型「E353系スーパーあずさ」と日本三大車窓の絶景「姨捨駅」を巡る月刊乗り鉄話題(2018年11月版おかわり)(1/2 ページ)

東京から長野へ行くのにあえて松本経由で。だって、新幹線より運賃が安いし、「3時間も長く」鉄旅を楽しめるから♪

[杉山淳一,ねとらぼ]

 先日紹介した、しなの鉄道の「ろくもん」試乗会は長野駅に13時集合でした。長野には、東京から向かうならば北陸新幹線で一直線で行けます。

 しかし私はあえて中央本線、篠ノ井線経由にしました。なぜならば、最新型特急電車「E353系」を使ったスーパーあずさに乗りたかったから!! 皆さんも乗りたいでしょう、E353系スーパーあずさ。

photo 新しくなった「スーパーあずさ(E353系)」

 ちなみに北陸新幹線だと、東京駅11時24分発の「はくたか561号」に乗れば長野駅へ12時52分に着きます。対して今回は、中央本線で新宿駅8時ちょうどの「スーパーあずさ5号」で松本駅に10時38分着。篠ノ井線に乗り換えて、松本駅11時09分発、長野駅12時22分着です。

 新幹線ならば約1時間半、松本経由なら約4時間半。運賃と料金の合計は、新幹線が8200円。松本経由が6900円です。待望の新型電車に乗れて、新幹線より3時間も長く鉄旅を楽しめちゃう。しかも運賃は安い。素晴らしい。なお今回は、スーパーあずさ5号でネット限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」を利用できたので、合計は5620円でした。さらに素晴らしい。

 というわけで、長野駅到着までの道のりと景色を写真で紹介していきます。

photo 新型電車「E353系」の先頭車同士の連結部分。「スーパーあずさ」は9両編成と3両編成を連結した12両編成。閑散期は3両編成を最初から外す、途中から3両を切り離す、という運用をする。共同通信の記事によると、3両編成は2019年から富士急行に直通する特急列車として使われるそうだ
photo 扉の横の行先表示はカラフルなLED
photo 英語表示。AZUSAの先頭のAがカッコいい
photo 座席背面。電源コンセントもある
photo 上を見上げる。荷棚の下側に3つのLEDが並んでいる。2018年11月現在は使われていないが、2019年春から全車指定席になるため、空席状況を表示するためのものだ
photo こちらは普通車の座席。薄い背もたれと広めのシート間隔でゆったり快適
photo 下り列車に乗るなら進行方向左側の座席がオススメ
photo 初秋の山が色づき始めていた
photo 諏訪湖も見える。ほんの一瞬だが
photo 塩尻駅に停車。ぶどう棚が見える。塩尻は全国有数のぶどうの産地。収穫は9月ごろ
photo 松本駅に着いた!! 私が学生時代の4年間を過ごした街。駅前広場が大きくなって、変化にびっくり。そりゃあ30年も経てばね(笑)
photo 橋上の連絡通路、西側の大きなガラス窓から北アルプスを望める
photo 西口もきれいになったなあ
photo 松本駅の名物駅弁と言えば「山賊焼弁当」。山賊焼は松本平(松本盆地南部)の郷土料理。鶏肉好きの学生時代、ほぼ毎週、食べていました。アパートのそばにあったお気に入りの店はもうなかった(涙)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響