ニュース
» 2018年11月16日 11時45分 公開

これ、公道走れるの?? 世界限定10台のヤバイ怪物スーパーカー「Apollo IE」が日本上陸 (1/2)

まじ飛んでいきそう。11月17日と18日、鈴鹿で披露。

[agar,ねとらぼ]

 香港出身の実業家にして大のクルマ好きというノーマン・チョイ氏が率いるアポロ・アウトモビーリ。この会社が2018年に発表した世界10台限定の化け物スーパーカー「Apollo IE」が日本に初上陸し、鈴鹿サーキットで行われるイベントでデモランを披露することが分かりました。

Apollo IE アポロ・アウトモビーリ「Apollo IE」。これ飛んでいくんじゃね? というくらいに攻撃的で刺激的なデザイン(写真:アポロ・アウトモビーリ)
ルックスだけでなく、もちろん性能もモンスター級 ルックスだけでなく、当然、性能もモンスター級

 Apollo IEは、カーボンモノコックシャシーを用いた1250キロの軽量ボディーに、最大780馬力のV型12気筒エンジンを搭載。時速100キロまで約2.7秒という加速性能を持ち、最高速度は時速333キロに達するモンスターマシンです。

 昨今のスーパーカーでは主流になった内燃機関+モーターのハイテクなハイブリッド方式ではなく、また、ターボなどの過給器も使わない自然吸気の大排気量エンジンをあえて採用します。その理由に同社は、「単に数値的な速さだけを求めるのではなく、乗り手を興奮させる、刺激を与えることにスキルを全振りしたクルマだからだ」と述べています。

Apollo IE 運転席が真っ赤でひぇぇぇぇ。このただ者ではない感、やばいです
Apollo IE Apollo IE
世界に10台しかない希少なハイパーカー 世界10台限定で製造

 Apollo IEは鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で2018年11月17日、18日に開催される「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」に登場し、プロモーションラップを実施する予定です。

Apollo IE RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」(2018年11月17日、18日開催)

 同イベントは、Apollo IE以外にも最新のスーパーカーや貴重車両が登場予定。例えば、マクラーレンが2018年7月に発表した新型スーパーカー「600LT」(関連記事)の日本初走行となるデモラン、歴代F1マシンによる公式レース「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1・イン・ジャパン」などが行われます。

 さてApollo IEは、どこまで速く、そしてブッ飛んだ音とか匂いがするのでしょうね!

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.