ジブリ美術館1年半ぶりの新企画展示「映画を塗る仕事」展いよいよスタート 貴重なセル画約200点

貴重な資料がどっさり。

» 2018年11月16日 23時00分 公開
[福田瑠千代ねとらぼ]

 三鷹の森ジブリ美術館で企画展示「映画を塗る仕事」展が11月17日から始まります。前回の「食べるを描く。」以来、約1年半ぶりとなる新企画展。16日に行われたメディア向け内覧会のレポートをお届けします。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 入り口ではトトロがお出迎え

こんなに複雑なのを手作業で? 宮崎監督「そうだよ」

 内覧会では会見が行われ、館長の安西香月さんから展示の説明がありました。企画のきっかけとなったのは2年半前に美術館を大幅修繕したとき。当時展示されていたセル画が劣化してきていたことに気付き、張り替えのためスタジオを訪れたところ、手の混んだセル画を大量に発見。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 展示の様子

 着色作業は今でこそデジタルで行われますが、かつてはセル画を用いた手作業で行われていました。おまけにアニメーションの場合1枚だけ塗れば良いというわけではなく、特にセル時代には何枚も塗る膨大な手間暇が必要でした。こんなに複雑なものを手で塗っていたのかとその場にいた宮崎駿監督に訪ねたところ、「そうだよ」とあっけなく答えられた衝撃が「映画を塗る仕事」展の契機になったのだと、安西さん。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 中央に三鷹の森ジブリ美術館館長の安西香月さん。左右には協賛企業を代表して丸紅新電力 代表取締役社長の西山大輔さん(写真左)と、日清製粉グループ本社総務本部広報部長の町田英樹さん(写真右)

 会見では色彩表現の豊かさを示す例として、「となりのトトロ」に登場するネコバスについて解説がありました。アニメでは時間経過などを表すためにシーンごとに色が作られますが、今回取り上げられたのはネコバスの「黄昏色」「夕方色」「街灯色」。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 ネコバスのパネル。これが「黄昏色」「夕方色」

 「黄昏色」は妹のメイが行方不明になり、途方に暮れるさつきの元にネコバスが走ってくる、ほんのささやかなシーンのために考えられた色。黄昏時には日が落ちきっていないため、ネコバスは通常よりやや暗い色にはなっているものの、車内の電気も付いていません。続いての「夕方色」はメイが見つかったころの時間。だいぶ陽の光が弱くなっていることを表現するため、身体の色がさらに濃くなり、車内の照明も付いた状態に。

 そして最後に紹介されたのが「街灯色」。夜にお父さんをバス停で待っていて、なかなか来ないというシーンで用いられた色です。やってきたネコバスが街灯の光を浴びるため、いつもの茶色ではなく、やや緑色を帯びた独特な色味で塗られています。単体で見ると違和感がありますが、背景画に合わせると違和感がなくなるのだから不思議です。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 こちらが「街灯色」

 企画展では上記のネコバスの「時刻によって変わる色」の解説パネルはもちろん、「天候」「水の表現」「特殊な光」「リアリズムの追求」など、テーマごとにピックアップされたパネルを37枚展示。実際のセル画も196点が展示されるなど、濃密な内容になっています。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 宮崎監督が高畑監督と「長くつ下のピッピ」の制作準備中に感銘を受けたという、イワン・ビリービンによるロシアの絵本の挿絵の展示も。

三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 安西館長から、後のジブリ作品の水のゆらぎの表現に影響を与えた作品との紹介があったイラスト

三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 フィオに引っ張られる、水面に浮かんだポルコ。確かに水のゆらぎが特徴的

三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 セル絵具がずらり

三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 4分程度の解説映像も

 「映画を塗る仕事」展は 11月17日〜2019年11月(予定)まで開催。入場は日時指定の予約制で、毎月10日10時から翌月入場分のチケットを販売。チケットはWebのほか、ローソン店頭のLoppiからも予約可能です。


三鷹の森ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展 常設展示室にある色彩関連の展示も、今回の企画展の後に見ると新たな発見がありそうです

(C)Museo d'Arte Ghibli (C)Studio Ghibli



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」