ニュース
» 2018年11月17日 12時00分 公開

フィクションが現実になるとき――漫画『将棋指す獣』に見る“女性棋士”という存在(3/4 ページ)

[橋本長道,ねとらぼ]

原作者・左藤真通の小説家的感性

 本書の原作者・左藤のストーリー漫画における前作は『アイアンバディ(全4巻 講談社)』という二足歩行ロボット開発をテーマにした作品だった。左藤にとって「ロボット開発」は異業種だが、綿密な取材によって漫画作品としてのリアリティの獲得に成功している。これは『将棋指す獣』での将棋描写に通じるものだ。

『アイアンバディ』(Amazonリンク

 『アイアンバディ』は全巻通してみると良作なのだが、一つ商業的な欠点があった。一番面白い最高のシーンが物語の後半に来るのである。昨今出版を取り巻く事情は厳しくなっており、1巻目から人目を惹くわかりやすさ面白さのある作品が求められる。少しずつ状況や伏線を配置して後半一気に化けるものは評価されづらい傾向にある。

 私が左藤を初めて知った作品は『今日の授業は良い授業(電書バト)』という短編集だった。中国の科挙を題材にした「儒林外奇譚」は傑作短編であるし、観る将の悲哀を描いた「みるせん」は時代を先取りした佳作だった。この短編集は電子書籍しかなく、私は「このクオリティで紙の本にならないのか!」と衝撃を受けた。

『今日の授業は良い授業』(Amazonリンク

 『アイアンバディ』『今日の授業は良い授業』を通して見えてくるのは、左藤の小説家的感性だ。人物描写の確かさ、精緻なプロット、テーマの取り方――は熟練の作家のそれである。だが、小説家的という言葉は商業漫画家にとっての誉め言葉にはならない。

 『将棋指す獣』1巻の後半部分に出てくる伏線・仄めかしは、現代小説においては特に何の違和感もないが、漫画読者が嫌いがちな仕掛けではある。左藤の『アイアンバディ』でのエンタメ作家としての手腕を知っている者からすると不安はないのだが、知らない人はここで離れるケースもあるのではないか。左藤の小説家的感性と、商業漫画家としての力量が上手く噛み合うかが今後『将棋指す獣』躍進のカギとなるだろう。



将棋漫画家達の厳しい戦い

 現在、各誌で将棋漫画が連載されているが、将棋ブームだからといって全ての漫画が順調に売れているわけではない。容赦なく打ち切られるものと、メディアミックスされヒットの道を突き進むもので大きく明暗が分かれているのが現状だ。将棋の世界のそれとは種類が異なるが、ここにも残酷なまでの勝負の厳しいありようが垣間見える。

 棋士を目指す女性たちの戦い、将棋を題材とした作品を作る漫画家達の戦い――。今の将棋界には観るべきものが多くある。ファンにとって幸せな時代と言えるだろう。


特別公開:『将棋指す獣』第1話




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/07/news049.jpg 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  2. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  3. /nl/articles/2208/07/news048.jpg カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」
  4. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  5. /nl/articles/2208/06/news014.jpg 飼い主が大型犬たちに“犬語”で注意した結果…… 即座に言うことを聞く姿に「まさかのネイティブw」の声
  6. /nl/articles/2208/05/news021.jpg 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  7. /nl/articles/2208/07/news007.jpg 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. /nl/articles/2208/07/news043.jpg “無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
  9. /nl/articles/2208/07/news009.jpg 元警察犬のシェパード、無防備におなかを見せてすやぁ…… 穏やかな表情に「お疲れさまでした」「ゆっくり過ごしてね」の声
  10. /nl/articles/2208/05/news018.jpg やたら緑の幼虫を発見→1カ月育ててみた結果…… ため息が漏れるほど美しいチョウの羽化を見届けた観察日記に「感動する」

先週の総合アクセスTOP10

  1. DAIGO、姉・影木栄貴のシニア婚に感慨「アスランが好き過ぎて」「人生何が起こるかわからない」 義妹・北川景子が後押し
  2. 大阪王将「ナメクジの侵入があった」と認める 告発者は「ナメクジが6匹並んでいた」と発言
  3. かわいすぎるおっさんだな! 橋本環奈、23歳にして自宅にビールサーバーを設置 すっぴんで「ぷはー……うまっ」「おいしすぎてビックリ」
  4. 「お先にどうぞ」で歩行者妨害は不成立 道を譲られたドライバーの交通違反が撤回へ 警察が謝罪
  5. 大型犬「こわいよぅ!」→先生「震えすぎて心臓の音が聞こえません笑」 診察を必死に頑張るハスキーが応援したくなる
  6. 益若つばさ、休業を宣言 骨折直後の“死体みたい”な写真とともに「命が危なかったか下半身不随」の可能性あったと告白
  7. 坂口杏里さん、夫の前で“推し男性”に抱きつく画がカオスすぎる 「本当にこんなに好きになった人、7年間の元カレと王子だけ」
  8. スタッフが掃除していると、ウミガメたちが列を作って…… 甲羅磨きをねだる姿が「かわいいw」「気持ちいいのかな?」と話題に
  9. 「担保に傷いったのがショック」 粗品、535万円したレクサス白に擦り傷 購入報告からわずか2日の惨事に落胆
  10. 柴犬さんが「じいじとばあばのお布団の間」に一番乗り! 最高にいとおしい寝姿に癒やされる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい