ニュース
» 2018年11月17日 20時30分 公開

浮遊する「ドローン仏」さまがナムい スイーっと近づいてくる姿がインパクト大の新しさ

仏様もドローンで来迎する時代。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterに投稿された、浮遊する「ドローン仏」さまの動画が多くの人に衝撃を与えています。斜め上の未来感……!



 京都の龍岸寺で10月13日から実施されているイベント「超十夜祭」。その中の1つの行事として11月16日に開催された「テクノ法要」のオープニングアクトで登場したのが、ドローンに仏像をのせた「ドローン仏」さまです。

 撮影・投稿したgoamigo0226さんが「お近くまで来てくださってナムいです」とツイートしているように、スイーっと目の前まで近づいてくる仏様の姿が尊い(?)、エモい(?)……いや、“ナムい(南無い)”です!


テクノ法要 ドローン仏様 ナムい 龍岸寺 朝倉行宣 浮遊する仏像の姿が

テクノ法要 ドローン仏様 ナムい 龍岸寺 朝倉行宣 一気に近づいてくる「ドローン仏」さまの衝撃よ……!

 Twitterのコメントでは未知の光景に戸惑う声もみられますが、「新しい」「かっこいい!」といった声に加えて、同様に「確かにナムい」「これはナムい」と共感する声が寄せられ話題に。ちょっとした流行語になりつつある「ナムい」ですが、これは龍岸寺で生まれたアイドルグループ「てら*ぱるむす」発祥の言葉で、以前には京都の浄土宗総本山・知恩院が使ったことでも話題になりました(関連記事)。


テクノ法要 ドローン仏様 ナムい 龍岸寺 朝倉行宣 広く周囲を確認する様子

テクノ法要 ドローン仏様 ナムい 龍岸寺 朝倉行宣 スイーっと行き来する姿が謎の未来感

 ちなみに「テクノ法要」は、元DJで住職の朝倉行宣さんが以前より福井県の照恩寺で行っているもので(関連記事)、今回は前述した「てら*ぱるむす」とのコラボライブが行われたようです。

 また「超十夜祭」では限定グッズも展開しており、「超十夜祭Tシャツ」や「限定ご朱印」「ガチャ仏さま」などが公開されています。本当に何から何までパワーワードがすぎるイベントだ……!



画像提供:@goamigo0226さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた