ニュース
» 2018年11月19日 17時44分 公開

その発想はなかった! 文章入りのしおりで活字本に“CMをはさむ”アイデアがうまい

“はさむ”のダブルミーニングもCMの文面も秀逸。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「CMをはさむしおり」のアイデアが、Twitterで話題です。表面に「物語の途中ですが、ここでいったんCMです」などのセリフが書かれていて、本の文面に重ねると、本当に途中でCMが挿入されたように見えます。


しおり 読書が楽しくなりそう

 考案したのはグラフィックデザイナーの有村泰志(@15424578268)さん。しおりの文面で、「いいニュースと悪いニュースがある」で始まる典型的なアメリカンジョークをもとに、架空の保険会社の宣伝を演出しています。しおり自体のアイデアも文章構成も秀逸で、“やられた”感が強い。


しおり 元ネタは有名なアメリカンジョーク。「エアーバックは正常に動作した」の一文で、いいニュースも悪いニュースも同時に表現しているのがキモ

 ツイートは「動画サイトのカットイン広告みたいで面白い」「商品化してほしい」など、好評を博しました。「CM中もリアルタイムで物語は進行するんですね」といった指摘も。そう考えると、スポーツ中継っぽい?

画像提供:有村泰志(@15424578268)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.