ニュース
» 2018年11月19日 23時00分 公開

日産自動車カルロス・ゴーン会長が逮捕 報酬約50億円過少申告の疑い

日産「数カ月に渡り内部調査」。西川広人社長が緊急会見「深くお詫び。会社として断じて容認できる行為ではない」。

[ITmedia]
photo カルロス・ゴーン氏(写真:日産自動車)

 日産自動車の代表取締役会長カルロス・ゴーン氏と代表取締役グレッグ・ケリー氏が11月19日、金融商品取引法違反の容疑で東京地検特捜部に逮捕。日産自動車の西川広人社長が同日22時から緊急記者会見を開き、状況を説明した。

 「深くお詫び。会社として断じて容認できる行為ではない」(西川社長)

 日産自動車は同日、ゴーン氏とケリー氏が関与した不正行為について、内部通報を受けて数カ月にわたって内部調査を行っていたことをプレスリリースで告知。その結果、「開示されるカルロス・ゴーンの報酬額を少なくするため、長年にわたり、実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載していたことが判明」し、「カルロス・ゴーンについては、当社の資金を私的に支出するなどの複数の重大な不正行為が認められ、グレッグ・ケリーがそれらに深く関与していることも判明した」としている。


photo 緊急会見を行った日産自動車の西川広人社長(出典:ニコニコ生放送より

 併せて、「最高経営責任者において、カルロス・ゴーンの会長及び代表取締役の職を速やかに解く」「グレッグ・ケリーについても、同様に、代表取締役の職を解く」ことを取締役会に提案するとし、ステークホルダーへの謝罪と共に、早急にガバナンス、企業統治上の問題点の洗い出し、対策を進めるとしている。

photo ゴーン氏逮捕を受けた日産自動車のプレスリリース
photo ルノー・日産自動車・三菱自動車連合がフランスでバン生産を拡大する旨を発表したゴーン会長(2018年11月8日 写真:日産自動車)
photo (参考)ゴーン氏が開発にゴーサインを出したという「GT-R」(写真はGT-R NISMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.