レビュー
» 2018年11月20日 17時30分 公開

「ロードスター」「GT-R」「シーマ現象」……時代を席巻した名車で平成を感じてきた (2/3)

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

ライトウェイトオープンスポーツカー マツダ「ロードスター」

ロードスター 軽量スポーツカーの傑作、マツダ「ロードスター」

 マツダ「ロードスター」(NA型)はすごい存在感を放っていました。単体はもちろん、今回の展示では高級志向の8代目クラウンの隣にあったことから、そのいろいろな対比が美しいものでした。

 ロードスターは1989年(平成元年)に登場。平成初期に軽量スポーツカーの分野で世界中で喝采を浴びた傑作車です。開発時から「人馬一体」というテーマが掲げられており、運転する楽しさや操縦性を追求した設計でした。どこから見ても小型で、滑らかなカタマリのようなデザインが今見ても美しいです。


運転席 現代の車種と比べると本当にシンプルな運転席

今もマニアを熱狂させる日産「スカイライン GT-R」

GT-R 当時のクルマ好きの超憧れ「スカイライン GT-R」!

 もう1つ平成の名車として忘れられないのが、日産自動車「スカイライン GT-R(R32型)」です。「全日本ツーリングカー選手権」を制するために開発されたR32型GT-Rは、当時も今もクルマ好きの憧れ。その高い基本走行性能と素性にグッとクルマ好きの気持ちをつかんで離さず、当時のチューニングカー市場なども盛り上げました。

GT-R 「ガンメタ(ガンメタル)」という色が好きになったのもこのGT-Rが影響という人多そう

かがんだ かがんだ位置のこのカッコよさよ……。しかしこの個体はウルトラきれいですね

 R32型のGT-Rは1989年(平成元年)デビュー。もう30年経つのですが、今も変わらずカーマニアを熱狂させています。ちなみに2018年現在、良コンディションに保たれた32型GT-Rはびっくりするくらいの値段が付きます。



 以上、平成を彩った名車たちでした。もちろん最新鋭のクルマは静かで高性能で素晴らしいですが、まだそこに人生の思い出までは刻まれてはおりません。かつての名車をいろいろと見ていると、あの頃の淡ーい思い出もよみがえってきませんか? クルマっていいものですね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.