レビュー
» 2018年11月21日 12時00分 公開

スーパーカーから“やべー珍車”まで! 見ているだけでワクワク「お台場旧車天国2018」がすごかった (1/5)

ポインター、キカイダー、デロリアン、ヨンフォア、金田バイクまで! さまざまなジャンルの旧車・名車・珍車が約700台も大集合していました。

[agar,ねとらぼ]

 11月18日、東京・お台場でクラシックカーイベント「お台場旧車天国2018」が開催されました。約700台もの旧車、名車、珍車、迷車が集まりました。

お台場旧車天国2018 お台場旧車天国2018

 お台場旧車天国は八重洲出版/お台場旧車天国実行委員会が主催する旧車の総合イベントで、今回で6回目。「すげー」「おお、アレだ」「懐かしい」。国産車/外国車を問わず、憧れのスーパーカーから働くクルマ、ノーマル車・カスタム車、珍車、二輪車までが一堂に会しました。並んだ車両を見ているだけでワックワクで幸せ。そんなイベントの様子をお伝えします。

貴重なクラシックカーが全国からお台場に集結 貴重なクラシックカーが全国からお台場に集結

 国産車の懐かしの車種はもちろん、フェラーリやロータスなどの憧れのスーパーカーや迫力満点のアメ車なども登場。さらに、バスやトラック、パトカー、消防車、トラクターといった働くクルマや、バイクまで勢揃い。年代もそれぞれで、中には100年以上前に製造された博物館クラスの車も。規模もさることながら層の厚さが本イベントの魅力で、来場者は恐らく思い出の1台に出会えたはずです。

普段街中では見かけないようなクルマが、ずらりと並ぶ様は圧巻 普段街中では見かけないようなクルマがずらりと並ぶ様は圧巻

 出展車両の1台1台が貴重なクルマなのはもちろんですが、同じ車種は並べて配置されることも多く、フィアット・500やロータス・エスプリ、ダットサン1000などはかなりの台数が集まっていました。街中なら1台見かけただけでもテンションが上がってしまうようなクルマがずらりと並ぶ様は圧巻でした。

ジャンルの幅広さも魅力、こちらのクルマはなんと100歳超えの1913年式 ジャンルの幅広さも魅力、こちらのクルマはなんと100歳超えの1913年式
4輪だけでなく2輪の旧車も勢揃い 4輪だけでなく2輪の旧車も勢揃い

 車種だけでなく維持の仕方にも、参加したオーナーさんそれぞれの個性が感じられました。ピカピカにレストアされたクラシックカーも美しいですが、あえて当時の塗装を残して、雰囲気を大切にしている方もいます。また、ノーマルの状態を維持し続けているクルマもあれば、自慢のカスタムが施されたクルマも。本当にクラシックカーの世界は百人百様、見ているだけで楽しいですね。

 また、車両展示のほかには、ボンネットバスの乗車体験、プラモデルやグッズ、書籍などの販売といった催しも行われました。旧車パーツを販売するブースや、中にはクルマ自体を売りに出している企業ブースもあります。旧車オーナーにとっても、クルマを披露するだけでなく貴重なお宝を手に入れたり、オーナー同士での情報交換ができる場になっていました。

企業ブースでは旧車パーツの販売も 企業ブースでは旧車パーツの販売も
プラモデルやグッズを売っているブースも多数。掘り出し物があるかも? プラモデルやグッズを売っているブースも多数。掘り出し物があるかも

 お台場旧車天国は毎年開催されており、次回は2019年3月31日に開催予定。興味を持たれた方は次回はぜひ足を運んでみてください。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.