ニュース
» 2018年11月20日 21時30分 公開

iPhoneケースにルーペが合体 老眼にやさしいアイデア商品「文字が大きく見えルーペ」でネットサーフィンが捗る

使わない時は保護シートの代わりにも。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 「老眼が酷くて近くの文字にピントが合わない……」「だけど遠くに離すと小さくて読めない……」――そんな悩みを解決してくれそうなルーペ一体型iPhoneケースがサンコーから2019年1月中旬に発売されます(iPhone X/XS専用)。


loupe 遠くの文字も大きく読める

 アルミ製のバンパーケースに拡大鏡がついており、使いたい時はアームをさっと上げ下げ。約28グラムという軽さもうれしく、長時間の使用も負担になりません。ちょっとしたメールチェックから腰を据えての読書まで、幅広い場面で活躍する予感……! なお、ルーペの拡大倍率は最大2倍です。


loupe さっと使える

 拡大せずにそのまま使いたいときはルーペの上からタッチ操作が可能。また画面を守る保護シートの役割も担います。


loupe 閉じたまま使えるのもうれしい

 商品名はそのままズバリ「文字が大きく見えルーペ」。価格は2980円で、iPhone X/XS専用です。クラウドファンディングサイト「Makuake」で、割引価格での予約販売を開始しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.