ニュース
» 2018年11月21日 07時30分 公開

梅田ダンジョンの恐怖を「梅ヨドの橋」から物語る漫画 ただの歩道橋に地元民「夢の架け橋」 府外勢「??」

攻略法を知っても迷う気しかしない。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 迷子になりやすい複雑な構造から「梅田ダンジョン」の二つ名を持つ、大阪の梅田地下街。このダンジョン攻略の難しさを、JR大阪駅と複合施設「ヨドバシ梅田」をつなぐ“歩道橋”から物語った漫画が、Twitterで大きな共感と驚きを集めています。


梅田ダンジョン 夢の架け橋と言われる理由とは

 大阪にやってきた男の子を案内する地元の女の子――大阪駅とヨドバシ梅田(通称:梅ヨド)をつなぐ歩道橋を渡りながら「やっぱ革命的やわ〜!」「夢の架け橋」「これホンマすごい橋やで」と興奮気味に絶賛します。見るからに普通の橋をなぜ愛でまくるのか……男の子はちんぷんかんぷん。


梅田ダンジョン

 2017年に2本の歩道橋がかかるまで「梅ヨドは陸の孤島とか言われててん」と力説する女の子。橋の価値を理解してもらうために、男の子に橋を使わずに梅ヨドまで行くよう指示します。すると5分経過……10分経過……地上からでは横断歩道が見つからないし、地下から行こうとすると今度は地下迷宮に迷い込んで元の場所に戻れない。自力で這い上がれなくなった男の子は電話で泣きながら救難信号を送ってくるのでした。


梅田ダンジョン

 夢のかけ橋ができるまで梅ヨドは梅田ダンジョンに誘う魔のトラップだったのではないかと恐ろしくなる話。漫画では「(地元の)私もいまだに迷う」と地下街のさらなる恐怖が語られます。調子に乗って新たな道を開拓しようとするとすぐ迷う。かといって普段の道を行こうとすると封鎖されていることもしばしば。行く度にマップが新たに生成されるタイプのダンジョンだ!


梅田ダンジョン


梅田ダンジョン 最後は梅田ダンジョンのチェックポイントも紹介

 Twitterでは「訪れるたびに道が違うからダンジョンになる」「時間によって通れる道が変わるから時限トラップ状態」といったダンジョン化する理由が書かれていたり、「ヨドバシにつながる橋の愛称はヨド橋」「近々、泉の広場が撤去予定」などダンジョンの最新情報が寄せられていました。

 漫画の本編「大阪ちゅーとリアル」は笑うメディアクレイジーで連載中です。作者のだたろうさんは大阪生まれ、大阪育ちの生粋の大阪人ですので漫画を通して大阪の文化に触れてみてください!

画像提供:だたろうさん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.